体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

精神的ストレスで高熱!? 風邪とは違う「心因性発熱」の特徴と対処法

精神的ストレスで高熱!? 風邪とは違う「心因性発熱」の特徴と対処法
風邪を引いた訳でもないのに、なぜか熱っぽい…。

もし、精神的なストレスを強く感じている時に、発熱があったら「心因性発熱」かもしれません。

今回は、心身症の一つでもある心因性発熱の原因・症状・治療法などを、医師の井上先生に解説していただきました。

心因性発熱とは

仕事のプレッシャー

心因性発熱とは、風邪などの感染症と違って、精神的プレッシャーやストレスが原因となって熱が生じることがある疾患で心身症の1つして分類されます。

発熱と言っても、38度以上の高熱が出て病院に入院する人もいますし、37℃をちょっぴり超える程度の軽い熱が長期間続く人だっています。

心因性発熱の原因 

38度以上の体温計 

熱の高さによって、原因を分けるのが一般的です。

38度以上

38度を越える高熱が出てくる際は、ストレス要因がはっきりしていることが多く、メンタル面の急激なアップダウンに依存しているものがたくさんあります。

例)

・会議で発表などで極限までナーバスになっている

・馴染みのない他人と対面する

・会社で他人とのトラブルを抱えている

37度程度

37度くらいの微熱ならば、慢性的なストレスや精神的重圧といった、複数のストレスが長期間続くことが原因となっていることが多々あります。

例)

・長時間の残業が連続し、プライベートで毎日のように続く介護で倦怠感を感じている

心因性発熱の症状 

倦怠感 

高熱でも微熱でも、自分自身の平熱よりも高体温に倦怠感を訴える方がたくさんいます。

その他には、下痢や嘔吐などの消化器症状や腹痛などを合併することがあります。

子どもと大人の心因性発熱は違う? 

子どもの発熱

心因性発熱は男女や大人子どもは関係なく、誰にでもおこりうる疾患です。ただ、子どもは体温調節の機能が成人と比較しても未発達であるので、高熱が出ることが多々あります。

子どもの方がストレス要因がはっきりしていることが多く、学校に行く前に高熱が出て腹痛や頭痛も合併するも、休みの連絡を入れた後から、平熱に解熱して腹痛も頭痛も改善することがあります。

心因性発熱になりやすい人の特徴

チェック項目
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。