体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【1/8 東京開催】心配性が語る!不安だらけの世界一周を女一人で乗り越えた

いつかやってみたい「世界一周」について考えている方、お待たせしました!

旅大学のイベントの中で一番ど真ん中の「世界一周学」についてのご案内です。心配性が語る世界一周シリーズ、第3弾は女子限定です。

第1回、2回とも大盛況で終わりました。心配性で世界一周への準備をがっつりしたゲストを迎えて世界一周について語って貰います。世界一周行くのが、不安で不安で…という人にぴったりかと思います。

 

いつかは、世界一周してみたいな〜と思っている人に来て貰えればと思っております。ぼんやりと世界一周について考えている人ももちろん、welcomeです。

そして、旅大学はゲストが一方的に話すスタイルでは無く、皆さんと一緒にその場を作り上げて行こうと思っております。気軽に質問くださいね。

 

■今回の旅大学の概要&魅力は?

旅好きなゲストがお届けする、世界一周学です。

自由気ままな雰囲気を作り上げる予定です。世界一周に行く前に不安だった頃から、世界一周のトークまでたっぷりと語って貰います。

今回はゲストにもの凄い心配性な方とまるで反対の方を迎えるので、いつもと違う雰囲気になるかもしれません。世界一周に行くまでのイメージが付かない!そして、凄く不安だなと思っている方は、ぴったりの講座になると思います。

涙あり、笑いあり、心配ありの世界一周について聞いてみませんか?そして、これから一緒に旅をする仲間を探してみませんか?

◉今回の旅大学の魅力纏め

◎世界一周に興味ある人が集まる
◎世界一周のハードルが一気に下がる
◎一周に行くまでの準備についてイメージ出来る
◎心配性の人が集まる
◎アットホームな空間

【1/8 東京開催】心配性が語る!不安だらけの世界一周を女一人で乗り越えた

 

■今回の講師をご紹介します

三重県出身。大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。旅の途中は心配性な性格が功を奏しトラブルやスリの遭遇を回避。帰国後は旅の魅力を伝えたいと思いTABIPPOのトラベルライター、PAS-POLへの写真提供を経てTABIPPOにジョイン。プロダクト事業にて書籍やブランドページのテキスト制作を主に担当。モフモフしたものに目がない。

 

Q:世界一周に行く前は、何が一番心配でしたか?

①体調を壊さないかどうかです。体力が全くなく貧血、首にヘルニア持ちだったので、とにかく身体を壊さないよう無理をせず、打てる限りの予防接種を打って出発に備えました。

②持ち物です。世界一周が初めてのひとり旅だったので、カバンから靴、日用品まで何を持っていったらいけば良いのか情報がありすぎて前日まで悩んでいました。旅に出て分かったのは、日常で使うものはほぼ旅先で買うことができるということ。

※心配なので2つ書いて貰いました。

横浜生まれ横浜育ちの浜っ子。20代前半はワーキングホリデーを3年、バックパッカーや青春18きっぷで旅をする。26歳の時に9ヶ月間の世界一周をし、今まで行った国は50ヶ国。基本的に出発時に決めるのは行きの航空券のみ。子供の頃からの「まぁいっか」「なるようになる」という能天気な性格と強すぎる好奇心で、旅には必ずトラブルがついてきている。それでも結果「まぁいっか」となり、トラブルは旅のスパイスとポジティブに捉えるようになる。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。