体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横尾忠則ほか名作揃い! 渋谷で開催中の○○の展覧会

横尾忠則ほか名作揃い! 渋谷で開催中の○○の展覧会
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。12月21日(木)のオンエアでは、2018年1月10日(水)まで開催中の「現代演劇ポスター展2017−演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶」を紹介しました。

展覧会は、「ポスターハリス・カンパニー」の30周年を記念して開催したもので、これまでに収集・保存してきた演劇ポスター、2万点の中から厳選した、約300点を渋谷の3会場で展示しています。

ポスターハリス・カンパニーはポスターを貼ることで、街、演劇、デザイン、観客をつなげてきた会社です。

同展では1960年代前半から現在までの現代演劇のポスターを見ることができます。「状況劇場」や「天井棧敷」といったアングラ劇団から、文学座まで、ポスターから現代演劇の歴史を俯瞰することができます。当時の時代、世相、演劇、デザインの歴史を感じられる、そんな展覧会になっています。

例えば、演劇のポスターに革命を起こした横尾忠則。中でも有名な状況劇場の「腰巻お仙」は美術品としても評価されていて、ニューヨークの近代美術館の60年代を代表するポスター展で一等賞を獲ったそうです。

そのほか、宇野亞喜良、粟津潔、金子國義などのアーティストの作品も展示されています。

ポスターハリス・カンパニー担当者によると、「当時のポスターは外のお客さんに向けて…というだけではなく、劇団を牽引する力もあって、ポスターの元で一つの芝居を作ろうと思うような、二面性がありました」とのこと。

ポスターを作った時には台本が出来ておらず、ポスターの図柄のようなシーンを演劇のシーンに実際に使うこともあったそうです。

展覧会はヒカリエホール ホールB、渋谷キャスト スペース、アツコバルー arts drinks talkの3会場です。ぜひ、足を運んでみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。