体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イヤホンジャックのないiPhoneは有線イヤホンが使えない? 驚きの解決策があった

iPhone 7から標準ミニ(3.5mm)のイヤホン端子がなくなって以降、Bluetooth接続のイヤホンが続々と登場してきている。

だが、「お気に入りの有線イヤホンが、iPhoneで使えなくなったのがもったいない……」と感じている人も少なくないだろう。当時、iPhone用に“高級イヤホン”を購入したという人ならなおさらだ。

今回はそうしたモヤモヤを抱える人に、これまで愛用していた有線接続のイヤホンを、スマホとワイヤレスでつないで使えるようにする、ソニーの「SBH24」を紹介しよう。

スマホとはBluetooth、イヤホンとは標準ミニ端子で接続

まずSBH24がどのように機能するのかを図で説明しよう。iPhone 7以降のiPhoneはイヤホン端子を持たないため、ワイヤレスイヤホンを使う場合は直接Bluetoothで接続する(左)。

一方、SBH24はBluetooth機能と標準ミニのイヤホン端子の両方を備えており、スマホで再生した音声を無線で受け、イヤホン端子から出力する(右)。これで有線イヤホンでもiPhoneで音楽が聴けるというわけだ。

レシーバーは小型軽量で装着も簡単

SBH24はレシーバー部とイヤホンで構成されている。レシーバー部はチロルチョコを薄くしたくらいのサイズで、15gと超軽量。カラーはブラックのほかホワイト、ブルー、ピンクがラインナップ。背面はストラップホール付きのクリップとなっているので、上着やカバンのストラップなどに簡単に取り付けることができる。

本体上面には標準ミニのイヤホン接続端子と全指向性のマイク、正面にマルチファンクションキー、左側面には電源スイッチとLED、右側面にはボリュームキー、底面には充電用のUSB端子(Type-C)を装備。1.5時間のフル充電で6時間の連続使用が可能だ。

iPhoneとの接続はBluetoothで行うが、かざすだけで通信ができるNFC対応のAndroidスマホとは、SBH24本体のNFCマークをタッチするだけで簡単に接続できる。なお本機8台までのマルチペアリングに対応しており、スマホやパソコンなど複数の機器で音楽を聴く場合も、Bluetoothをつなぎ直す必要がないので便利だ。


Bluetooth接続設定画面

愛用イヤホンの聴き心地をiPhone 7以降でも

SBH24にはインナーイヤー型のイヤホンも付属しており、クセのない音質が楽しめるが、せっかくなのでお気に入りのイヤホンをレシーバーにつなげて試聴してみた。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。