体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザムストから突き指予防に最適な薄くてやわらかい親指サポーター「サムガードソフト」が新登場!

スポーツ愛好家に根強い支持を受けている『ZAMST(ザムスト)』から、突き指の予防にもつながる親指サポーター「サムガードソフト」が新発売。既存品の「サムガード」の購入者から寄せられた「もう少し薄くてやわらかい商品も作って欲しい」とのリクエストを反映した新商品だ。

 

無理な力がかかった時に起きやすい親指のケガ

普段なかなか意識することはないものの、実は手の機能の約半分を占めると言われるほど、重要な部位である親指。

主な親指のケガの原因としては、ボールが親指に当たったり、転んで急に手をついたりした際など、親指に無理な力がかかった時に発生しやすいとされている。

 

たとえば、親指の第二関接にあたる「MP関節」を支える側副じん帯を損傷すると、痛みやハレの症状が出て親指で物をつまむ動作ができなくなるし、「CM関節」と呼ばれる親指の付け根の部分の脱臼や骨折は、親指を曲げた状態で突き指をした時に起こりやすいとのこと。このようなケガの解説をDr監修でしっかりしているところもザムストの良さだ。

(参照リンク)

バレーボールやバスケットボール選手など、親指を酷使するスポーツの経験者なら、サポーターで親指を適度に圧迫・固定することで、ボールを扱う際の安定感が増すのを実感している人も多いはずだ。

伸縮性の高い素材で、親指の動きを優しくサポート

日本シグマックス株式会社(東京都新宿区)が、長年医療メーカーとして培ってきた知識や技術を注ぎ込んだ、スポーツ向けサポーターのトップブランド『ZAMST(ザムスト)』から今回新発売となった「サムガードソフト」は、わずか2ステップの簡単装着で、親指の動きを優しくサポートしてくれる。伸縮性の高いウレタンフィルム素材が使用されているため、薄くてフィット感も抜群だ。

 

手のひら側が広く開いているので手の感覚を妨げることもなく、さらにショートタイプなので手首も動かしやすい。もちろん洗濯も可能なので、常に清潔な状態で使用できるのも実用的だ。

日本代表として活躍する選手も数多く輩出する全国高等学校バスケットボール選手権大会「ウィンターカップ2017」も目前に迫り、一段と練習にも熱が入るなか、競技で高みを目指すためにも「サムガードソフト」でケガの予防もしっかりしておこう。

 

2ステップの簡単装着でフィット感も抜群!

装着手順は次の通り。

 

①サポーター本体の面ファスナーを取り外し、製品の上下・表裏を確認する。

②親指ル―プに親指を通して、親指の中央とステーカバーの中央のラインを合わせる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy