体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャイコフスキー超多忙で…「くるみ割り人形」の裏話

チャイコフスキー超多忙で…「くるみ割り人形」の裏話
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。12月21日(木)のオンエアでも、この週のテーマ「くるみ割り人形」についてお届けしました。

クリスマスの定番曲として、100年以上に渡って人々に愛され続けているバレエ曲「くるみ割り人形」。その理由は「これがチャイコフスキーの最高傑作だから」と語るのは、自身も名指揮者と評される、サイモン・ラトルです。オンエアでは、ラトル指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 「パ・ド・ドゥ」をお届けしました。

「パ・ド・ドゥ」とは男女ペアの踊りのことで、バレエにとって重要なシーンに当たるわけですが、組曲には入っていません。「くるみ割り人形」はバレエよりも、演奏会用の組曲の方を耳にすることがはるかに多いので、組曲に入っていない曲は、案外知られていないのです。

ところでバレエ「くるみ割り人形」、1892年に初演されたときは不評でした。途中までは子供の踊りがメインで「華のある女性の群舞が無い」とか、「パ・ド・ドゥが少ない」とか、「バレエ自体が型破りだったから」などと言われています。そんな中、高い評価を得たのが音楽でした。

実は当時としては異例なことに、「くるみ割り人形」はバレエより先に組曲が発表されています。

組曲が先になった理由は、チャイコフスキーが超多忙で、予定されていたコンサートのために新曲を書く時間がなかったこと。苦肉の策として、すでに完成していた曲から8曲を選び、組曲としてコンサートで披露したところ大好評だったのだとか!

「くるみ割り人形」の音楽の成功は、バレエが上演される前から決まっていたのです。組曲に入ってない名曲もたくさんあるので、機会があればバレエの全曲を聴いてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時10分−15時15分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/secretnotes/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy