体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下町の鰻料理専門店

12月21日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、東京の中でも風情ある街並みが広がる下町の鶯谷をぶらりと歩いて散策する中で「入谷鬼子母神門前・のだや」(東京都台東区)が紹介された。

鶯谷駅前からお散歩を開始してマンションが多い住宅街エリアに差し掛かったあたり、そこで高田純次さんが同店を発見した。こちらは調理師を育てて派遣する企業が直営している鰻料理屋だという。「鹿児島・大隅半島産の初鰻を入荷しました」「静岡県産の珍しい鰻が本日あります」と書かれた張り紙が気になった高田さんは、さっそく入店。
「どっちの鰻で行くかな~」と迷っているところに店の人から「両方揃っている事は滅多にないので食べ比べしてみてはいかがでしょうか」との提案。高田さんはアドバイスを受け入れて両方注文。贅沢にも2種類の鰻の食べ比べに挑戦する事になった。そうして運ばれてきたのは「たいせい重」(6,040円)と「きょうすい重」(6,040円)の2品。
いざ、と実食した高田さんは一言「うまいっ!」と断言。食べ比べながら「両方ともフワッとしてる。美味さが先立ちすぎて、どう違うのか俺には分かんないな~」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:入谷鬼子母神門前のだや (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:上野のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:上野×和食のお店一覧
ラクレットチーズを具材にたっぷりかけて味わう「ラクレット」
パンのフワフワ食感がたまらない!「エッグロスコ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。