体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優、アーティスト 北村匠海さんインタビュー「仕事で出会った仲間が僕を変えてくれた」

北村匠海 北村匠海

ダンスロックバンドDISH//のヴォーカル兼、俳優として活躍中の北村匠海さん。映画やドラマ、CMなどで印象的な表情を残しています。小学生からこの世界に入った北村さんが「この仕事で生きていく」と決めたのは高校卒業のときだったそう。そのきっかけや、最新出演映画『勝手にふるえてろ』の話、そして仕事観などをうかがいました。

人と関わることをしない役に、どこか共感できた

北村匠海

――『勝手にふるえてろ』で北村さんは、ヒロインの片想い相手イチを演じていますが、なかなか嫌な性格の男性でしたね(笑)。

ですよね。最初、監督からも「イチは嫌なヤツです」と言われて、台本を読み終わった僕も「そう思います」と答えました(笑)。

――そんな誰もが認める“嫌なヤツ”をどう演じようと思いましたか?

イチの場合、人を攻撃するのではなく、他人への興味が著しく欠如していて、自分ひとりで生きていても平気というキャラクター。

人と関わることに対して「面倒くさい」という負の感情が普通の人より8割増しぐらいであるタイプ。だから、現場では他のキャストと極力距離をとるようにして、慣れ合わないよう気を付けました。

本当はDISH//のメンバーの(小林)龍二もいたので、撮影の合間は和気あいあいとした気持ちになりたかったのですが、イチという役をしっかり掴みたくて、冷たい空気をまといながら撮影に臨むことを心掛けていました。

でも、どこかでイチの気持ちも共感できるんです。僕自身も中学生まで心を閉ざしぎみだったので…。

――中学時代はどんな性格だったんですか?

とにかくしゃべらないし、ひとりが好きだった。話しかけられたら話すけど、積極的に人の輪に飛び込むこともあまりしなかったです。

音楽と出会って、殻に閉じこもっていたら何も伝えられないと気がついた

北村匠海

――今、お話ししていて、そんな感じはまったく見受けられませんが、どのあたりから変わったんでしょう。

音楽をやり始めてからですね。DISH//でヴォーカルを担当することになって、歌で人に何かを伝えるのは相当なエネルギーが必要だと知りました。

歌を歌う人が、自分の殻に閉じこもっていたら何も伝わらないと思い、少しずつ自分を変えていきました。

あとは、俳優仲間で信頼できる友達ができたことも大きかったです。

たとえば新田真剣佑、村上虹郎、健太郎など同世代の俳優と出会い影響を受けました。

この3人は僕と真逆の性格。だからこそ、自分の知らないものを見せてくれるし、考え方が刺激になる。

引っ張ってもらっているうちに、自分自身の幅やコミュニケーション能力もあがったと思います。

――自分と逆の性格だからこそ友達になるのって大事なんですね。確かに同じタイプといても広がりは少ないかもしれません。

ホントそう思います。だから、彼らに影響を受けて今ではあまりひとりでいることが好きじゃなくなりました。

9歳でスカウトされ「怒られたくない」の気持ちだけで仕事に取り組む日々

北村匠海
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy