体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IoTをリードするオージス総研「MessagePub+」開発者が求めるのは、思考停止しないエンジニア

バーチャルパワープラント実証事業で重要な機能を担う

オージス総研は、大阪ガスが販売する「エネファーム」のIoT化や、工場でのIoT実証実験などを支援した数多くの実績を持つ企業。必要なツールやソフトウェア・ハードウェア、およびそれらの利用ノウハウをまとめ、IoTプラットフォームとして提供している。

そのユーザー事例の一つに、NTTスマイルエナジーが電力会社と共に進めるバーチャルパワープラント(VPP)の実証事業がある。VPPとは、家庭の蓄電池を含む多数の小規模な発電設備や、電力の需要抑制システムを一つの発電所(仮想発電所)のようにまとめて制御を行うこと。

従来、電力の需給調整は発電所の稼動・停止など供給側で行うものだったが、VPPでは電力供給が不足ぎみのときは、蓄電池から放電を行うなど需要側をコントロールすることで需給の調整を行うことができる。

そのためには、まず省電力ピークシフトに対応してくれるかどうかを、センター側から一斉同報で蓄電池側にリクエストする必要がある。

蓄電池の上にはソフトウェアが搭載されており、蓄電状態に応じて、そのリクエストを受け入れるかどうかを、これまた一斉同報でレスポンスする。どのぐらいの装置が対応できるかがわかることで、センター側は電力供給量を最適化することができる。

こうしたメッセージのやりとりを遅延なく安全に行うにあたって重要な役割を果たしているのが、オージス総研が独自に開発したIoTメッセージングプラットフォーム「MessagePub+」だ。

◆IoTメッセージングプラットフォーム「MessagePub+」

MessagePub+はメッセージの配信を司るbrokerと、brokerにつながるクライアントから構成されており、データの収集や、収集したデータに基づく制御を行うシステムを簡単に構築することができる。

IoTやWebで標準的なプロトコル、MQTT、HTTP(REST)、WebSocketに対応。TLSによる暗号化通信をサポートするなどしてセキュリティを担保する一方、ラベル機能により複雑なデータの集配信を簡便化でき、さらにクラウド環境へもオンプレミス環境への導入が可能というメリットもある。

中でも高いレスポンス性とスケーラビリティは大きな特徴だ。

「1台のbrokerインスタンスで、数万~数十万のセッションを処理することができます。さらに複数台のbrokerインスタンスでクラスタを構成し、スケールアウトさせることも可能です。1秒に1回、1Kbytesのデータをやりとりするという負荷をかけた状況での応答時間はわずか数ミリ秒(※AWSの同一VPC内で計測)。今回の実証事業でもこのスピードが評価されて採用されたという経緯があります」

と言うのは、MessagePub+を開発したオージス総研IoTセンターの近藤貴俊氏だ。

株式会社オージス総研 技術部 IoTセンター 近藤貴俊氏

「IoTソリューションは各社が提供するようになりましたが、当社のソリューションは、メッセージ通信をend to endでの到達保証と、高い応答性能を両立しているところが、他にはない訴求ポイントになっています」

C++のゼロオーバーヘッド原則が、レスポンス性能を高める

MessagePub+のレスポンス性能が高いのは、そもそもこれがC++によって書かれたプログラムであることも理由の一つだ。近藤氏は、2007年からISO C++標準化委員会にエキスパートとして参画するなど、C++について言語仕様レベルから実装に至るまで幅広く精通したエンジニアだ。

「C++は昔からハードウェアの性能を引き出すには良い言語とされています。しかも絶えず進化し続けている言語です。昔のC++しか知らない人が、今のC++のコードを見たら、今っぽい言語だなと驚くと思います。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。