体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グリーティングカードで差をつける!人気インスタグラマーが伝授する、インスタ映えするスマホ写真とは?

Galaxy1
Galaxyは、12月13日に六本木ヒルズで期間限定開催中の「Galaxy Studio Roppongi Hills」にて、「インスタ映えする、スマホ写真&SNSデコ技の作り方」をテーマにしたメディア向けイベントを開催。ゲストにインスタグラマーの6151さんと似顔絵師兼イラストレーターのスヨンさんを迎え、スマホ撮影におけるポイントやGalaxy Note8の魅力が紹介された。
Galaxy2
冒頭ではGalaxy製品担当の増田夏恋氏が登壇し、「『Galaxy Note8』は現代人に欠かせないスマートフォンと筆記用具を合わせることによって、より便利により素敵なことが起きるのでは、という思いから作られた」と挨拶した。手書きメッセージやイラストを描ける機能を持つ「Sペン」、6.3インチの有機ELを搭載した「インフィニティディスプレイ」、メインカメラを2つ採用しプロのような美しい写真が撮影できる「デュアルカメラ」などGalaxy Note8の特徴が紹介された。
Galaxy3
続いて現在約12万人のフォロワーを持つ人気インスタグラマーの6151さんが登場。インスタ映えする撮影方法についてのレクチャーが行われた。
Galaxy4
6151さんがインスタ映えするオススメ撮影のポイントは以下の二点。「二次元を意識し、被写体をまっすぐに撮る。自分がいつも見ている視点とは違う、様々な角度で新しい視点を探す」「涼しさや暖かさなど目には見えない空気を表現するために、カメラの明るさを調整して撮影し、アプリやフィルターを使って彩度や色味を仕上げる」
さらにインスタグラムで多くの「いいね!」を獲得するためには、#(ハッシュタグ)のフル活用が効果的であると説明。良い写真を紹介してくれるフィーチャーアカウントを利用するなど、より多くのユーザーに見てもらうための導線を作ることの大切さも強調した。
Galaxy5
Galaxy6
次に、似顔絵師兼イラストレーターのスヨンさんが登場。6151さんが撮影した写真をスヨンさんがSペンを使ってクリスマスカードを作成する、という企画も行われた。
Galaxy7
書いた軌跡がアニメーションとして動く「ライブメッセージ」機能が使われたクリスマスカードは、ポップなカラーで受け取った人も思わず笑顔になってしまいそうなデコレーション。文字の色やエフェクトが選択できるので、オリジナルの表現が広がるのも魅力。さらにSNSで送信することも可能だ。 
Galaxy8
その後ライブメッセージ機能を体験するワークショップが行われ、筆者も挑戦。キラキラと輝く六本木の街に、ライブメッセージやイラストを加えることで一層華やかな仕上がりに。ペン先は約0.7mmと通常のボールペンの細さなので、紙に書くのと同じように使えるという印象もあった。
クリスマスや正月などイベントが続くこの季節。Galaxy Note8の「ライブメッセージ」機能を使って、グリーティングカードを大切な人へ送ってみてはいかがだろうか?

【Nicheee!編集部のイチオシ】

こげ子、ホイルマスク(金・銀)使ってみた!
【元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB】ハゲでもモテますか?
元書店員シンガー・山田ユカの「オススメ漫画LIVE」#13 ~青空エール~

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy