体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高畑充希がスーツ姿の騎手にホレボレ…有馬記念の枠番決まる!注目の キタサンブラックは1枠2番

枠番がレース勝敗のカギとなる、有馬記念。

12月21日、その枠番を決める「第62回 有馬記念(GI)」公開枠順抽選会が行われ、ゲストとして、JRA年間プロモーションキャラクターを務める柳楽優弥と高畑充希が登壇した。

「普段とは違う緊張でドキドキしている」という高畑充希は、公開枠順抽選のアテンド役としてステージに立った。

注目のキタサンブラックは1枠2番

注目は、この有馬記念で引退するキタサンブラック(騎手=武豊)。抽選には武豊が挑み、2016年の1枠1番のとなり、1枠2番を射止めた。

これには、オーナーの北島三郎も思わずニンマリ。幸先いい枠番に拍手した。また、武豊は「いちばん欲しかった枠。出遅れる可能性があるので、スタートが大事」と語り、本番へむけて気持ちを引き締めていたようす。

柳楽を飛び越して騎手たちにメロメロの高畑

また、キタサンブラックと同枠で1番はヤマカツエース(池添)。ジャパンカップ優勝馬でGI連覇をねらうシュヴァルグラン(ボウマン)は5枠10番、春秋グランプリをねらうサトノクラウン(ムーア)は6枠12番に収まった。

枠番が決まり、騎手たちがズラリ1列に並ぶと、「かっこいいですね。スーツ姿のジョッキーが並ぶ姿は」と高畑充希。

となりの柳楽優弥を通り越し、騎手たちをじーっと見つめ、「引き締まっててスーツがお似合いだなと思いますね。かっこいいです」とニヤニヤが止まらないようすだった。週刊Gallop臨時増刊 有馬記念60年史
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。