体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い切って行ってみて良かった!地区の子供支援センターデビュー

f:id:akasuguope01:20170822111242j:plain

私の住んでいる地区の子供支援センターでは、毎月様々なイベントが行われています。

身体測定や絵本の読み聞かせ、双子と触れ合う会など、市内に住んでいて子育てしている人と子供なら誰でも参加できます。

当時、娘は生後4ヶ月でまだ寝返りをしたばかり。動き回って遊ぶことはできないからつまらないかな?と思いましたが、雰囲気だけでも見てみようと思い切って行ってみることにしました。

平日の午前中に行きましたが、支援センターに来ているのは2~3歳の子供たちが多かったです。私たちが行った時はママと子供たちだけでした。嬉しいことに娘と同い年の赤ちゃんも3人来ていました。

支援センターの中には赤ちゃん用のスペースもあって、そこにゴロンと寝かせて遊ばせていました。娘も家とは違う環境が新鮮だったのか、愚図ったりせずに借りたおもちゃで夢中になって遊んでいました。 関連記事:いま思えば贅沢すぎる時間だった…育休中にしておいてよかったこと

そして娘を遊ばせながらママ同士でお話。少し月齢が上の子もいたので、離乳食のことなどこれから先の育児についても聞くことができました。また、2歳離れた上のお子さんがいる先輩ママからもお話を聞くことができました。

「妹ちゃんが生まれてからお姉ちゃんがママ、ママになっちゃって大変!2人同時に寝てくれないと家事もできない!」と、お悩みを抱えていました。

同じ月齢のママたちとは月1回、市が開催している「子育てグループの回」などでよくお話しますが、月齢が違うけど同い年という子たちのママとはなかなか話す機会がありませんでした。子育て環境の違うママともお話ができて、とても参考になりました。

そして、普段は夫が休みの日曜日以外は基本的に娘と2人っきりなので、他のママや支援センターのスタッフの方たちとお話しできることは私の息抜きにもなって良かったです。 関連記事:なかなか寝返りしない息子にやきもき。精神的に追い詰められていた私だけど…

支援センターで仲良くなった近所に住んでいるママたちがお家に招いてくれたり、一緒に赤ちゃんが遊べる施設に出かけたりする機会も増えました!何よりも、娘に友達ができたことが嬉しいです!

今の家に引っ越してきて1年経っておらず、近くに友達もいなかったので悩みを共有できる友達が新たにできて私もハッピー!行って良かった子供支援センター!これからも上手く活用していきたいと思います。

f:id:akasuguope01:20170822105943j:plain

著者:すずこ

年齢:27歳

子どもの年齢:0歳5ヶ月

こんにちは!現在5ヶ月の娘を持つ新米ママのすずこです!両親は共働き、義理の両親は祖母の介護でほぼ頼れず、夫は日曜以外は起きてる時に帰宅できず…おまけに見知らぬ土地に引っ越してきたばかり!ズボラな性格で失敗もありますが、なんとかなる!なんとかする!で明るく楽しくワンオペ育児に奮闘中です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

発達支援センター
ママ友付き合いが怖くて避けていた子育てサロン。初めて行って気づいた不思議空間の魅力 by もものしか
我が子はママの味方!自信持って子育てを!!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy