体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『エヴァVR』が進化!Mark.06参戦&全部のエヴァが同時に暴走!? 一足先に体験してきた

evavr_bousou_ss_00_c

今年夏に新宿歌舞伎町にオープンした、バンダイナムコエンターテインメントが手がけるエンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』。そこで好評稼働中の、パイロットになってエヴァを操るVRアクティビティ『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』が12月27日(水)にバージョンアップ! 搭乗機体に「Mark.06」が追加されます! 一足先に体験してきたので、その感想も交えて紹介。使徒も倒しやすくなった!?

ゲンドウを見つけ出せる?

タイトルも『エヴァンゲリオンVR The 魂の座:暴走』と改め、あらゆる面で進化。BGMが追加されたり、コックピット内の演出も強化。発進シークエンスもバージョンアップしているので以前のアクティビティを体験済みでも気を抜けません!

発進シークエンスで目の前の視界がクリアになると、NERV(ネルフ)内部に人がチラホラいるのが見える!

左斜め上を見上げると、黒い服の手すりから身を乗り出してこちらを見ている人が……あれはもしや碇ゲンドウ!? 初号機に乗っていたら、思わず「父さん!」と叫びたくなりますね。

焦点を合わせると、きちんと画面にゲンドウの名前が表示されるとか。その他にも、せわしなく走っているエンジニアたちが見えます。その人たちに焦点を合わせると、実際にVR開発チームメンバーの名前が表示されるといった小ネタも追加されています。

「Mark.06」が新たに参戦!

これまでの零号機、初号機、2号機の3機に加え、Mark.06が新たに参戦。最大4人での協力プレイが可能になります。Mark.06の正規パイロット「渚カヲル」の代わりにMark.06 に乗り込み、4機で使徒を迎撃! 

dsc_21701

発進するまでは、隣に並ぶエヴァの機体が見えるので、2号機に乗り込めば、右には初号機、左にはMark.06なんて夢のようなシチュエーションが広がり、戦闘前からテンションが上がる!

evavr_bousou_ss_00_c

Mark.06の戦闘する姿はファン的にはレア。自分が乗り込むとその姿は自分からは見えなくなってしまうので、戦うMark.06を見たい場合は別の機体に乗り込むことをオススメします。

4人協力プレイが可能になって難易度が下がった?

細かな点では、今までアサルトライフルは1丁しか持てなかったところ、2丁持てるようになったりと火力も増大。武器は兵装ビルから入手する前に、その中に何が入っているかわかるようになったというのですが……入手することに必死になり、そこはちょっとわかりませんでした(笑)。

また、歩く振動を以前より少し控えめにし、銃を撃つときの衝撃をより体感できるよう振動を調整したとか。たしかに、戦闘の臨場感が増した気がします!

evavr_bousou_ss_01_c

迎え撃つ使徒は変わらず、最強の使徒・ゼルエル。これまで、3人ではなかなか倒すことができないほど難易度が高かったのですが、4人での協力プレイが可能になったことで、だいぶ倒しやすくなっています。……と言いたいところですが、今回はタイトルにある通り“暴走”がメイン。“暴走”を体験できるよう、2人など体験人数で難易度も多少調整されるようになったとのこと。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。