体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.13>

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.13>

タレントの藤岡みなみさんが、モノづくりに対してのあれこれをつづるコラム連載!題字ももちろん本人。藤岡みなみさんの可愛くもシュールな世界観には、思わず引き込まれちゃいます。今回は、藤岡みなみさんが木目調のカッティングシートで机リメイクに挑戦します!

黒い机をリメイク

―愛せていなかった黒い机。
 
「この家具さえ違っていれば、この部屋はもっとすてきなのに……」。と思うことがある。私の場合、それはアトリエにある黒い作業机だ。
 
もっとこう、明るくオーガニックな雰囲気を醸し出したいのに、黒い机がクール過ぎて、部屋のトーンと合っていない。でも、新しい家具を買うのにはお金もかかるし、古い家具を捨てるのも結構面倒だったりする。
 

木目調のカッティングシートでリメイク!

そこで思い切って、黒い机をリメイクすることにした。ペンキで塗るのもいいかなと思ったけれど、今回は初めて木目調のカッティングシートに挑戦することに。要はシールで机を覆うのである。精神的なハードルが低い。
 

カッティングシートとヘラ。

カッティングシートはつるつるで貼り直しもでき、カッターで優しく押さえるだけで気持ちよく切れるので、作業は思ったより早く進んだ。

木目調とはいえシールなので、フェイク感が目立つかなと案じていたけれどかなり自然な仕上がり。本物の木だったらでこぼこして字が書きにくかったり、トゲが刺さったりすることもあるが、つるつるなのでその心配もない。
 

カッティングシート、最高だな!

―完成したころで家族からメール。
 
「そういえばあの机、左右を引き出すと大きくなる仕組みなんだけど大丈夫だった?」
 

このときはまだ失敗に気付いていない……。

え、知らなかった!引き出す部分、カッティングシートでばっちり覆ってしまったよ。
 
早く言って!
 
藤岡みなみ

ふじおか・みなみ/1988年、兵庫県出身。テレビ番組・CMに出演からラジオパーソナリティ、エッセイストなど、幅広く活動。バンド「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」ではボーカルを務める。
ブログ:藤岡みなみ 熊猫百貨店

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.13>
藤岡みなみの【DIYワールド!】
公式Twitter
公式Instagram

 

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy