体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今日のアドベントカレンダー】12月22日「懐かしい、ということ」

【今日のアドベントカレンダー】12月22日「懐かしい、ということ」
12月22日。今日もまた、アドベントカレンダーの窓を、ひとつひとつ開けていくことにしましょう。

12月22日のアドベントカレンダー

【今日のアドベントカレンダー】12月22日「」
グリムのお菓子の家は、赤ずきんちゃん。家の外では、7人の小人たちのお帰りです。

【今日のアドベントカレンダー】12月22日「」
チョコレートは、「リンツ テディフレンズ」です。

【今日のアドベントカレンダー】12月22日「」
オーガニックティーは「ブレックファーストスペシャル」。定番の紅茶です。

【今日のアドベントカレンダー】12月22日「」
そして入浴剤は、杏の香りのバスオイル。肌の乾燥が気になる季節にはしっとりしてよいそうですよ。

【今日のアドベントカレンダー】12月22日「」
さあ、お茶の時間です。今日は「ブレックファーストスペシャル」をミルクティーにしてみました。個人的に紅茶はミルクティーにした方がチョコレートとあうなあと思います。

懐かしい、ということ

毎日お菓子の家の窓を開けていると、懐かしい童話の1シーンに出会います。

この、懐かしいという感情が、個人的に「うれしい」よりも「楽しい」よりも昔から好きなのです。

「懐かしい」という気持ちに含まれる、ちょっと切ないような、愛しいような、満たされるような、足りないような、入り混じった感じ。それが好きです。

どうしてなんだろうと常々不思議に思っていたのですが、あるとき岡潔という昭和の天才数学者の著書を読んで腑に落ちました。

岡氏は数学者でありながら、日本人の情緒についても独自の研究を重ね、最近改めてその思想が注目されている人物なのですが、彼によると「懐かしい」という感情をもつことは、理想を描く手助けになるそうです。

だからなのかと、深く納得したのです。

いろいろ思い悩むことがあったり、なにか重大なことを決める前に、旅に出たくなるのは、旅先で郷愁を感じたいからなのかもしれないと。

自分が暮らす地を離れ、遠くから懐かしく想う。そのときの透き通った気持ちは、これからどう生きるか、その方向性を見定めるにも、理想を描くにもぴったりなのだと思います。

それではまた明日。今日も一日、心が自由でありますように。

【今日のアドベントカレンダー】
12月1日から24日まで、毎日アドベントカレンダーの中身を紹介していく連載です。アドベントカレンダーを毎日楽しむ中で感じたこと、考えたことをつづっていきます。

紹介しているアドベントカレンダー
[クリスマス リンツテディ アドベントカレンダー 2017]
[イングリッシュティーショップ アドベントカレンダー]
[コルシュ社 組立式アドベントカレンダー グリムのお菓子の家]
[ジーピークリエイツ アドベントバスカレンダー]

[All Photos by Aya Yamaguchi]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy