体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「苺」天国!人気ストロベリーブッフェを今季も開催

マジック・オブ・ストロベリー

好きなフルーツランキングで堂々1位に輝く苺は、ショートケーキに代表されるようにスイーツとの相性も抜群だ。

ザ・リッツ・カールトン大阪は、ストロベリーブッフェ「マジック・オブ・ストロベリー」を12月27日(水)から開催する。料金は大人:4700円、小学生:2350円(税・サ料別)。

昨シーズンは約3万人を超える来客で連日超満員だった当ブッフェ、多数のメディアにも取り上げられ話題となった。今シーズンはイタリア料理「スプレンディード」の女性料理長オリアナ・ティラバッシが指揮をとり、60種類に及ぶ苺を使ったメニューで「魔法の世界」へと誘う。

豊富な種類のアイデアと卓越した技術で作り出される苺の祭典は、誰もが楽しめるメニューが満載だ。“魔法のステッキ“をのせた苺のカップケーキや、“魔法のほうき”を模った苺ケーキ、“魔法の書”を思わせる苺チーズケーキなど、女性の心を掴んで離さないメニューが盛りだくさん。

スイーツのみならずピッツァ、リゾット、パスタなどの軽食全てのメニューに苺を使い、苺の新境地まで体験できる面白メニューも目白押し。ライブステーションでは、大阪ならではの「ストロベリー ライス ベーコン モッツァレラ タコヤキ」、液体窒素を使ってフローズンストロベリーを作るコーナーなど、見ても楽しめるストロベリーも豊富に準備する。

豊富な苺に囲まれた「マジック・オブ・ストロベリー」で、苺の魔法にかかってみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。