体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西方凌「万年筆で、イラスト入りの年賀状。絵が上手じゃなくても“大胆”に描けば、味が出る」

西方凌「万年筆で、イラスト入りの年賀状。絵が上手じゃなくても“大胆”に描けば、味が出る」

さまざまなDIYやプチリメイクなどを楽しむタレント・西方凌さん。今回は、気軽にチャレンジできる万年筆のイラスト術をご紹介。難しいイメージがあるけれど、コツさえつかめば簡単にできそう……! 平成ラストの節目、手書きの年賀状はいかがでしょうか?

万年筆には、細字・中字・太字など種類がいくつもありますが、そのなかにちょっと楽しいペン先があります。
ミュージック(MS)というペン先です。その名のとおり、楽譜を書くためのペン先。横線は細く、縦線は太く書けるように、ペンポイントが平たく研ぎ出されているのが特徴です。
 

▲私が愛用している万年筆「PILOT カスタム74」のミュージック。

先に言っておきますが、私は万年筆に詳しいわけでも、長年使用していたわけでもありません。初めて購入した万年筆がミュージックで、それしか持っていません。でも、その万年筆が実に面白いんです。

理由は、文字はもちろん、味のあるイラストが描けるから。
力の加減によって、線の太さが自在に操れるミュージックならではの楽しみ方です。
 
今回は、この万年筆を使って年賀状を書いてみようと思います。
 
 

難しく考えなくても大丈夫。リラックスして書いてみよう

「万年筆」と聞くと「インクはどうやって入れるの?」とか「書き方が分からない」などと、不安に感じる方もいると思います。
だけど、何も知らない私でも、意外とすぐに使えました。
インクは昔ながらの吸入式だけでなく、カートリッジがあるので、手入れも簡単です。

▲私が使っているのもカートリッジタイプ。カチっとはめるだけなので、とても簡単です。インクは紺色を使用。

使い始めてすぐは、ペン先が少し引っかかったりかすれたりします。けれど、数ヶ月も使用すればペン先が擦れて馴染んでくるので、大丈夫。購入したら、慣らすためにも毎日使うことをおすすめします。

ハガキに書き始める前に、まずはスケッチブックなどに書いてみましょう。

▲万年筆の書き方は、いろいろあるみたいですが……難しく考えないで、リラックスして書くことです。使ううちにタッチの違いなどもわかってきます。

▲アルファベットを書いてみました。縦が太く、横が細くなります。

手首をリラックスさせ、滑らせるように書く筆記体にも挑戦。迷わず大胆に、思いきってペンを進めると、きれいに書けますよ。

▲いろんな「HAPPY NEW YEAR」を書いて、お気に入りの字体を見つけます。

 

万年筆&水を含ませた筆で、味のあるイラストも簡単!

来年の干支、犬も万年筆で描いてみます。
絵は上手くなくても大丈夫。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。