体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅の達人全員が太鼓判!最強のおすすめネックピローはやはりあのブランド!

旅先で便利なネックピロー。今回は、ベストなアイテムを紹介しようと、国籍を超えて旅慣れた友人、知人に愛用のネックピローを聞いて回っていました。

世界を飛び回る報道関係者や、現役並びに元国際線のフライトアテンダント、1年の半分は海外で過ごす出張続きのビジネスマン、海外に拠点を構え、日本と頻繁に行き来している自由業の同業者など、とにかく長距離の移動を繰り返す旅慣れた人たちに愛用のネックピローを聞けば、「ネックピロー5選」のような記事が書けると思ったからですね。

旅慣れた達人たちが太鼓判!最強のネックピローはやはり「あの鉄板ブランド」だった
しかし予想に反して、半数以上の旅の達人は「使っていない」、「持っていない」という回答でした。理由はさまざまでしたが、ネックピローを必要とするようなエコノミークラスのシートに座らないという人も居れば、荷物になるから持たないという人も居ました。

さらに予想に反して、使っていると答えた人、あるいは身の回りで使っている人が居ると答えた人が挙げたネックピローの名前は、外国人の知人が挙げた商品名も含めて、偶然にも一致していました。ズバリ、無印良品の『フィットするネッククッション』です。

そこで今回は旅の達人たちが名前を挙げた無印良品のネックピローを、実際に使って紹介したいと思います。

 

ネックピローは寝心地×携帯性×価格で選ぶ

旅慣れた達人たちが太鼓判!最強のネックピローはやはり「あの鉄板ブランド」だった
ネックピローは、さまざまなメーカーから多種多様な商品が展開されていますよね? 例えば自分で空気を入れて膨らませるエアタイプの商品もあれば、中にビーズが入っている商品、低反発枕と同じ素材でできた高級商品などもあります。価格もいろいろで、携帯性も機能性も全く異なっています。

旅慣れた達人たちが太鼓判!最強のネックピローはやはり「あの鉄板ブランド」だった
そうした多種多様な選択肢のあるネックピロー選びでは、何か比較検討する際に共通の基準が必要ですよね。漏れなくダブりなく、抜けなくネックピローを比較検討するための判断基準、言い換えればネックピローを選ぶ際のフレームワークが必要になります。

例えばネックピローを評価する際の重要なポイントとしては、

(1)寝心地

が当然考えられます。同時に、

(2)携帯性

(3)価格

にも注意を払う必要があるはず。どれもが重要で、どれが欠けてもトラベルグッズとしては不完全です。いくら高級枕と同じ素材を使った寝心地抜群の高級ネックピローであっても、かさばってスーツケースや鞄のスペースを大きく埋めてしまうようでは、旅に持ち込む道具としては失格ですよね。また、高額すぎるアイテムは、紛失や盗難、破損の可能性も大いにある旅行グッズとしては、好ましくありません。

かといって携帯性を重要視した小さく折りたためる商品でも、肝心の寝心地が悪いようなら、いくら価格的に経済的だったとしても、何のために持っていくのか分からなくなります。

このようにネックピロー選びの3原則、寝心地、携帯性、価格の全てをバランス良くチェックしたとき、やはり優れている商品として挙がってくるネックピローが、無印良品の『フィットするネッククッション』なのですね。

 

微粒子ビーズが寝心地と機能性、携帯性を実現する

旅慣れた達人たちが太鼓判!最強のネックピローはやはり「あの鉄板ブランド」だった
まず無印良品の『フィットするネッククッション』は、寝心地の面で優れています。高級枕と同じ素材を使ったネックピローとまではいきませんが、自分で空気を入れて膨らますエアタイプのネックピローと比べると、段違いの快適性があります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。