体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

土日出勤・深夜残業は当たり前! 超多忙なSEの「夫婦間コミュニケーション」成功術――shin5 

多くの人が悩むパートナーとの関係性。思ったことを素直に話しただけなのに怒られたり、何度頼んでもお小遣いを増やしてくれなかったりと、悩みの種は尽きません。

そこで今回アドバイスを求めたのが、土日出勤・深夜残業も当たり前の超多忙なシステムエンジニアでありながら、5冊の本を執筆し、笑顔あふれる家庭生活を送っているshin5さん。4人の子どもがいるなか、どのように妻の理解を得て、自分の時間を確保しているのでしょうか。「結婚後も恋人同士のような生活を送っている」と話すshin5さんに、夫婦間のコミュニケーション術を聞きました。

f:id:fujimine:20171220105600j:plain

【プロフィール】

shin5(しんご)

家族との日常生活を温かい言葉で綴ったTwitterで話題のビジネスパーソン。フォロワー数は約22万人。幸せあふれる日々は“理想の結婚生活”として一躍話題になり、2016年に『結婚しても恋してる』(KADOKAWA)というタイトルでコミック化。累計20万部を突破し、2017年には小説化した。現在は愛する妻と4人の子ども、3匹のハリネズミと暮らす。

怒り心頭の相手をなだめる最短のルートは?

f:id:fujimine:20171220105713j:plain

――夫婦喧嘩で相手を怒らせてしまったとき、shin5さんはどのように対処していますか?

何よりも気を付けているのは、謝り方です。我が家は4人も子どもがいて毎日慌ただしいため、夫婦喧嘩をしていると日常生活をスムーズに送ることができません。さらにシステムエンジニアの仕事が深夜に及び、著書の執筆も重なると、家族の支えなしでは私自身が心身のバランスを崩してしまいます。

そこで夫婦間の衝突をさけるために、日ごろからメッセージアプリを使って会話をするように心がけています。昼休みに電話をしたり、写真を撮って送ったりと、仕事以外の話をします。

会えない時間が増えてケンカしてしまった場合は、メッセージのやりとりも一切なくなってしまうので、早めに仕事を切り上げて帰宅途中にスイーツを買って帰ります。夜遅いときは、コンビニのケーキやアイスクリームなどでも構いません。食べ物を口に運ぶと自然に唇が開くため、話しやすい環境ができますよね。

テーブルで向き合ったら、まずは甘いものを食べながら、ケンカとは関係ない話を適当に始めます。固い雰囲気がとけてきた頃合いをみて、自分が悪かったと思うことを「あれが悪かった?」「そういうつもりじゃなかったんだよ」「これがダメだった?」と話をしていきます。ケンカをする理由が僕にあることが多いので「そんなこともわからないの?」と言われた日もありましたが、いくつか候補を挙げれば一つは当たるもの。何が悪かったのかを自覚し、反省点を踏まえて素直に謝り仲直りします。

――それでも相手の怒りが収まらないときは、どうしていますか? 日頃から気を付けているポイントと合わせて教えてください。

できるだけ早く仲直りしたいので、メッセージを送り続けます。朝は「会社に着いたよ。昨日はごめんね」。昼は「昨日は言い過ぎた。ごめんね」。夜は「しつこいと思うけど、ごめんね」。本当にしつこいと思われるくらい送ります。100%許されてはいないのかもしれませんが、「もういいよ。わかった」と言われて収束します。

夫婦喧嘩で最も多いのは、些細なイラつきから始まり、売り言葉に買い言葉で結局どちらも言い過ぎてしまうパターン。結婚当初はぶつかることも多々ありましたが、大小様々な地雷を踏んできたので、早めに仲直りしようと心掛けるようになりました。

また日頃からメッセージを頻繁に送る習慣をつけています。1日の連絡回数は20回ほど。システムエンジニアなので、時には携帯電話を預けセキュリティルームに入り、一切連絡が取れなくなってしまう時間帯もありますが、その前に必ず「今からしばらく連絡できない」と伝えます。飲み会が入りそうなときは、その時点ですぐに「来週、飲み会があるかも」と連絡。なくなったときはその旨を伝えます。全て説明しておけば、何かあったとしても理解を得やすいです。お小遣いは月2万円ほどですが、足りなくなりそうなときに稟議が通りやすいというメリットもあります(笑)

超多忙でも「一人時間」を確保する理由

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。