体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[Alexandros]、熱気溢れるZeppツアーが終幕

12月20日Zepp Tokyoにて、『[Alexandros] Tour 2017 “NO MEANING”』のツアーファイナル公演が行なわれた。このツアーは、東名阪3都市のZEPPツアーで、大阪、名古屋公演を経てZEPP東京での最終公演となった。
12月20日@Zepp Tokyo (okmusic UP's)

満員のZepp Tokyoで始まる前からライブへの期待感と興奮でいっぱいの中、暗転すると冒頭のお馴染みのSE「Burger Queen」がかかって会場に大歓声があがると、会場を煽るようにメンバーが登場。4人はそのまま「Burger Queen」を演奏し、ライブの始まりを告げた。「can’t explain」から「city」のイントロへと繋がると、観客は大歓声&大合唱。序盤から会場は一気に最高潮の盛り上がりへ。

“NO MEANING”というツアータイトル通り、メンバーの今やりたいことをやりたいように実現したツアーということで、観客が華やかに盛り上がり、フロアが丸ごと踊っているかのような「Droshky!」「Dracula La」、壮大なアフリカ大陸の夕日をイメージさせるようなオレンジの照明に包まれての「Nawe, Nawe」など、今までのライブにはない、新鮮なセットリストとなっていた。中盤で、磯部が「もっと行けんだろ、東京!」とさらに観客を煽り、「Waitress, Waitress!」「Wet Paint」と彼らの初期の曲が立て続けに演奏され、「Don’t Fuck with Yoohei Kawakami」では、白井の渾身のギターソロに観客が湧き上がる。そして、最新シングルに収録されているCMでもお馴染みの「I Don’t Believe In You」が披露されると、観客はますますヒートアップしていく。

そしてこの日初のMCへ。「あらためましてこんばんは。[Alexandros]と申します。ツアーファイナル、思う存分楽しんでください」と川上洋平(Vo&Gu)が挨拶し、「今日を最後にもうやらないかもしれない」と言いながら、このツアーでは各地で披露していたカバー曲「Supercalifragilisticexpialidocios」を演奏し、彼らの遊び心に観客も大歓声で応える。そして雰囲気が一転して、雨と雷のSEからサポートメンバー・ROSÉの美しいピアノのイントロで始まる「Thunder」、真っ赤に染まった照明の中、川上が歌いあげる「Kiss The Damage」、そして「東京のKidsに捧げます。」と「Kids」を立て続けに披露した。

「まだまだいけますか?東京!」の声とともに「NEW WALL」、月明かりのような演出の「ムーンソング」、そして「Starrrrrrr」と会場には大合唱が響き渡り、観客は一つに。ここで、川上がアコースティックギターに持ち替えると「12/26以降の年末ソング」の弾き語りが始まり、ツアーファイナルにちなんで《あと2曲でこのライブもツアーも終わるけど》と歌詞を変えながら1フレーズを披露し、そのまま「Adventure」へ。「ラスト1曲楽しみましょう!」と新たなライブ定番曲となった「明日、また」を披露。自分を信じることの大切さを歌っているこの楽曲で、「We’re the light」と観客の大合唱が響き渡り、彼らと観客が一つとなって本編は終了した。

アンコールでは、サイレンのSEでメンバーが登場すると「アンコールでは、激しい曲しかやりません」との言葉通り、「Girl A」「Kick&Spin」と立て続けに演奏し、川上がマイクスタンドを倒すほどの激しい盛り上がりの中、最後「Kaiju」でライブを締めくくった。しかし会場のボルテージは冷めやらず、急遽ダブルアンコールとして、川上と庄村聡泰(Dr)が再びステージに登場。ドラムとギターで即興のセッションを披露した。ステージ上に掲げられていた“LET’S GET FUCKED UP”の言葉通り、最初から最後まで目が離せない、観客を夢中にさせる大盛り上がりのライブとなった。

撮影:河本悠貴
【セットリスト】

1 Burger Queen

2 can’t explain

3 city 

4 Droshky!

5 Dracula La

6 Nawe, Nawe  

7 She’s Very

8 Waitress, Waitress!

9 Wet Paint

10 Don’t Fuck with Yoohei Kawakami

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。