体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JUN SKY WALKER(S)、初の名曲カバーアルバムがリリース決定!

JUN SKY WALKER(S)が、デビュー30周年を迎えるアニバーサリーイヤーである2018年にレコード会社をドリーミュージックに移籍し、アニバーサリー企画を始動することがわかった。
JUN SKY WALKER(S) (okmusic UP's)

移籍第1弾として2018年1月24日にリリースするのは、バンド史上初の邦楽カバーアルバム『BADAS(S)』(読み:バッダス)。収録楽曲はメンバーがカッコイイと思った時代の名曲をピックアップし、宮田和弥(Vo)が「自分たちが影響を受けたり、仲間として共鳴し合っていたり、後輩の楽曲だったとしても素直にカッコいいを思える楽曲を選曲しました。」と話すように、バンド結成時からリスペクトしていたARB、RCサクセッションの名曲からBOOWY、THE BLUE HEARTS、Mr.Children、スピッツ、MONGOL800。そして女性ボーカルの松任谷由実までタイムレスでBADASSな名曲を大胆セレクトしている。さらに、ONE OK ROCK等を手掛けるakkinがサウンドプロデュースとして参加する。ジャケット写真には写真家ハービー・山口を起用し、バンド結成ゆかりの地「ひばりヶ丘」にて撮り下し。CDに封入されるブックレット全24ページにも多くの写真が盛り込まれている。

また、アニバーサリーイヤーに相応しく、デビュー30周年プロジェクトも始動。第一弾としてJUNRedとのコラボレーションも決定! そして、当時高校生でバンドを組んだリーダーでギタリストの森純太が着用していた“JUN”のTシャツのフロント面に印字された“JUN SKY WALKER”というロゴプリントをメンバーが気に入り、それをバンド名にしたという都市伝説が事実であり、バンド名の由来としてあったことも明らかになった。宮田和弥は、「まさかデビュー30周年のタイミングでバンド名の由来となったJUNとコラボすることになって当時から思えば夢のようです。とても光栄に感じています」とコメントし、JUNRedブランド部長の六車氏も「ファッションと音楽には切り離せないカルチャーがあると思います。30年の時を超えて今回のコラボレーションが実現したことには大きな意味を感じています。」とコメント。歴史的なコラボレーションによるTシャツのデザイン発表をお楽しみに。

今回のカバーアルバムの選曲の理由については、EPISODEとして掲載されているJUN SKY WALKER(S)30周年スペシャルサイトにて、今後詳細が発表されていくとのことなので要チェック!

■JUN SKY WALKER(S)30周年スペシャルサイト

http://jswxxxproject.com/
アルバム『BADAS(S)』
2018年1月24日発売

MUCD-1404/¥3000+税

<収録曲>

1. ベイビー!逃げるんだ。

2. リンダリンダ

3. NO.NEW YORK

4. 魂こがして

5. Hello, my friend

6. ゴキゲンRADIO

7. 楓

8. FADE AWAY

9. あなたに

10. 星になれたら

 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy