体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年一番人気の駅弁は?「JR東日本 駅弁味の陣2017」の結果発表!

2017年一番人気の駅弁は?「JR東日本 駅弁味の陣2017」の結果発表! JR東日本 駅弁味の陣2017

鉄道の旅のお楽しみといえば、なんといっても「駅弁」ですよね♪駅弁の人気投票「JR東日本 駅弁味の陣2017」が今年も開催されました。

エントリーした63の駅弁から「駅弁大将軍」「駅弁副将軍」「味覚賞」「盛付賞」「掛け紙賞」「最多応募賞」「初陣賞」がハガキ投票でそれぞれ決定!さらに今年はJR東日本発足30周年特別賞として「歴弁賞~百年将軍~」「歴弁賞~五十年将軍~」「歴弁賞~三十年将軍~」も選出されました。WEB投票による「そそられ将軍」「Ekiben Ichiban賞」も加えた、全12賞10駅弁は要チェックですよ♪

記事配信:じゃらんニュース

「駅弁大将軍」総合評価第一位!「えび千両ちらし」

えび千両ちらし

総合評価が最も高い駅弁「駅弁大将軍」の栄誉に輝いたのは新潟県の「えび千両ちらし」。

さらに、最も投票数が多かった駅弁に送られる「最多応募賞」にも選出され、見事W受賞♪分厚い卵焼きに下に隠れているのは、うなぎ・こはだ・イカ・エビの4種類の寿司ネタ。とろろ昆布と酢飯のハーモニーの深い味わいがたまらない!

商品名: えび千両ちらし (新潟県)

価格: 1,300円

「駅弁副将軍」総合評価第二位!「鶏めし弁当」

復刻版鶏めし弁当

総合評価第二位の「駅弁副将軍」に輝いたのは、秋田県の「鶏めし弁当。販売年数50~99年の駅弁のうち最も総合評価の高かった駅弁に送られる「歴弁賞~五十年将軍~」にも選ばれ、こちらも見事にW受賞♪発売開始が昭和22年という、ロングセラー商品のこちらは、おかずに「ホタテの甘露煮」と「いそあげ(かまぼこ)」を取り入れ、懸け紙も30年前のものを使っているという懐かしさいっぱいの復刻版駅弁です。

商品名: 鶏めし弁当 (秋田県)

価格: 880円

「味覚賞」味のナンバー1!「伯養軒の炙りえんがわずし」

伯養軒の炙りえんがわずし

最も「味」の評価が高かった駅弁に送られる「味覚賞」に輝いたのは、宮城県の「伯養軒の炙りえんがわずし」。炙りえんがわの脂ののった香ばしさと、しそ巻の入ったシャリの風味が抜群! 醤油はもちろん、ライムや塩で味の変化も楽しめます♪

商品名: 伯養軒の炙りえんがわずし (宮城県)

価格: 1,250円

「盛付賞」盛付評価ナンバー1!「青森のぜいたく弁当」

青森のぜいたく弁当

最も「盛付」の評価が高かった駅弁に送られる「盛付賞」を受賞したのは、青森県の「青森のぜいたく弁当」。八戸前沖鯖と海峡サーモンが弁当の左右にキッチリ整列! 盛付の美しさはもちろんのこと、青森の広い海の幸を存分に味わえる駅弁です。

商品名: 青森のぜいたく弁当 (青森県)

価格: 1,300円

「掛け紙賞」掛け紙評価ナンバー1!「復刻版 御鯛飯」

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。