体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニューヨーク発!ヘルシービーガンケーキに挑戦

1712211

健康への意識が高いニューヨーカーの間で人気のマクロビやビーガン。オーガニック野菜や、グルテン・フリー、乳製品不使用の食品は、もはや一般的と言ってもいいほど。日本でも人気が高まっているビーガンフードの中から、今回はヘルシーなビーガンケーキレシピをご紹介。

<かぼちゃと栗のレンズマメケーキ>
■材料
・バターナッツかぼちゃ(大) 1つ
・ひまわり油 大さじ3+少々
・玉ねぎ(刻んだもの) 3個
・セージの葉(葉12枚以外は細かく刻む) 15グラム
・ローズマリー(葉を取って、細かく刻む) 2本
・ニンニク(すりつぶした) 3欠片
・ナツメグ 大さじ1
・チアシード 大さじ2
・栗(調理したもの) 400グラム
・レンズマメ(すすぎ、水切りしたもの) 800グラム
・全粒粉ヴィーガンのブレッドクラム 200グラム
・ナタネ油 大さじ3
■作り方
1.ピーラーを使ってバターナッツカボチャの皮をむいておき、オーブンを、180度から200度に予熱しておきます。
2.カボチャの下と上の方から、1センチほどの厚切りでスライスを作っておきます。残ったカボチャは1センチから2センチくらいに正方形にカットします。カボチャに大さじ1のひまわりオイルをまぶし、オーブンで20−30分、柔らかく、焼き目が少し付くまで焼きます。
3.ケーキ用型を用意します。深くて丸い25センチの型ベーキングシートを敷きます。まんべんなくオイルを塗り、スライスしたカボチャを配置していきます。
4.鍋に、ひまわり油を大さじ2入れ、玉ねぎを弱火で茶色にならないように、ゆっくり、柔らかくなるまで炒めます。細くしたセージ、ローズマリーを分量の半分、ニンニク、ナツメグを香ばしくなるまで数分間炒めます。更にチアシードと大さじ4の水を入れ、混ぜ合わせます。火を止め冷やしておきます。
5.栗の分量の半分を少し形がわかるくらいに細くし、もう半分を半分のレンズマメ、カボチャの皮、3/1の焼いたカボチャと一緒にフードプロセッサーにかけます。
6.大きなボウルにフードプロセッサーにかけた材料、玉ねぎ、ブレッドクラム、小さじ1の塩を入れよく混ぜます。次に、刻んだ栗、残りのレンズマメ、残りの焼いたカボチャをゆっくり入れ混ぜます。
7.用意しておきた、型に材料を慎重に流し込み、24時間冷やしてから、180度のオーブンで1時間焼きます。
8.ナタネ油で炒めた、残りのローズマリーとセージの葉をかければできあがり。

1712212

<栗の小麦粉とココナッツシュガーのケーキ>
■材料
・栗の小麦粉 1−1/2カップ
・ココナッツシュガー 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・水 1−1/2カップ
・エキストラバージンオイル 大さじ2
・レーズン又はチョコレートチップス 1/4カップ
・ウォールナッツ又はヘーゼルナッツ 1/4カップ
・ローズマリー(茎から葉を取っておく) 1本
■作り方
1.オーブンを220度に予熱しておき、パイ用耐熱皿油を軽く塗っておきます。ボウルに栗の小麦粉、ココナッツシュガー、塩、水を入れ、なめらかになるまで泡立てます。
2.皿にオリーブオイルを入れ、オーブンに入れて1分温め、オーブンから皿を出し、1で混ぜた材料を注ぎ、オリーブオイルを塗り、お好みのドライフルーツ又はチョコチップ、ナッツ、ヨーズマリーを散らし、皿をオーブンに戻します。
3.生地の表面が、乾燥してひび割れてくるまで15分から25分間焼きけば出来上がり!

動物性食材を使っていない、このケーキなら、ダイエット中に食べても罪悪感ゼロ、自然の恵みを感じるビーガンケーキをお試しあれ。

「goodfood」
https://www.bbcgoodfood.com/recipes/butternut-chestnut-lentil-cake
「coconutandberries」
http://www.coconutandberries.com/2013/11/29/castagnaccio-italian-chestnut-cake/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。