体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の冬、見逃したくないイルミネーション3選

今年の冬、見逃したくないイルミネーション3選
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。12月20日(水)のオンエアでは、夜景評論家でイルミネーションプロデューサーの丸々もとおさんをゲストにお迎えしました。

3万球以上の規模のものでも全国に800ヵ所以上…と、次々と増えている昨今。「日本人と光の関係は深い。『花鳥風月』じゃないですが、月を愛でるところからはじまって、夜への憧れとか、光に対しての違和感がない国民性なんじゃないかと思います」と話す丸々さん。

夜景評論家という肩書きについては、27歳のときに『東京夜景』という本を執筆、夜景を評論していくうちに「夜景が作りたくなった」そうで、町おこしとして照明デザインやイルミネーションを全国で数十ヵ所、冬だけでなく夏も作っています。ちなみに、丸々さんの弟さんも夜景写真家だそうで、丸々さんが見つけた夜景を弟さんに依頼し撮影してもらって、25年の間にお二人で53冊の本を発刊したそうです。

今は、観賞用のイルミネーションから、光を使って遊ばせるような体験型のものに進化しているそう。

例えば「さがみ湖イルミリオン」では、「空中にレールがあってそこを自転車でこいで巡っていくと、ある所でセンサーが反応して下に映像が出てくる」「カートに乗って光の山を登ると光の絶景が楽しめる」「タクトを振ると映像が出てくる」など21ヵ所の体験型スポットを設置。

そんな丸々さんに、この冬見逃せないイルミネーションを3つ、教えていただきました!

■あしかがフラワーパーク(栃木県)
イルミネーションアワード1位に輝いたこの施設は、その名の通り、花にこだわり、迷路のようにあちこちに演出があり「花へのこだわりが尋常じゃない」とのこと。

「藤棚の藤の色や、黄花藤の黄色など、LEDの明かりだとケミカルになるのをLEDをひとつひとつ手塗りして花の色に近づけています。日本一アナログな方法で広大な敷地にイルミネーションを施している。たぶん3回くらい見ないと見た気にならないですね」(丸々さん)

■西武園ゆうえんち(埼玉県)
今年は7つの国をテーマにした“イルミネーション世界一周”をやっていて、オーストラリアのエリアは全て女性が担当。女性ならではの感性で、「女子による女子のためのフォトスポット」なども充実しているそうです。

■ハウステンボス(長崎県)
イルミネーションアワードの総合エンターテイメント部門で1位を獲得し、「ここは外せない」そうです。1300万球の光の運河、約66メートルの光の滝や水上バー、幅110メートルのプロジェクションマッピングなど、常に新しい挑戦を続けている施設で、こちらもリピート必須とのことです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。