体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「社長候補」の選抜は、“30歳”から始まっている――大企業でも40歳が社長になる日がくる

f:id:k_kushida:20171218135753j:plain

『40歳が社長になる日』(幻冬舎)という刺激的なタイトルの書籍が大きな話題になっている。本書で書かれているのは、ベンチャー企業や中堅・中小企業についての話ではない。日本を代表する大企業でも、40歳が社長になる日が来る、と説くのだ。著者の岡島悦子氏による将来仮説によれば、その実現は2025年。となると、現在32、33歳くらいのビジネスパーソンが、40歳にして社長になっている可能性があるという。

どうして40歳の社長なのか。著書『40歳が社長になる日』には、それが詳しく書かれているわけだが、岡島氏は今回、端的に3つの理由を挙げた。「リーダーの役割が変わってきた」「リーダーの選び方が変わってきた」「キャリアづくりが変わってきた」。

40歳社長が生まれる理由。そして、どんな人が40歳で社長になるのか。岡島氏にそれぞれ3回にわたって聞く。今回は第2回。前回(第1回)はこちら。

株式会社プロノバ 代表取締役社長 岡島悦子さん

三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー、グロービスを経て、2007年プロノバ設立。アステラス製薬、丸井グループ、セプテーニ・ホールディングス、リンクアンドモチベーション、ランサーズの社外取締役。グロービス経営大学院教授。経営共創基盤やグロービス・キャピタル・パートナーズ等、多数の企業の顧問・アドバイザー、政府委員会メンバー、NPO理事等、様々な役職を歴任。ダボス会議運営の世界経済フォーラムから「Young Global Leaders 2007」に選出される。著書に『抜擢される人の人脈力』等がある。

大企業でも、「次の経営者選び」が論点になってきた

経営者を一流から超一流にする。経営環境に応じて経営チームを強化する、組み替える。そんなテーマで、15年にわたって経営者のリーダーシップ開発を行ってきたという岡島氏。年間約200人の経営者と仕事をしているが、3年ほど前から明らかに経営者が注目し始めたことがあるという。

サクセッション・プランニングです。経営者の後継者育成計画。つまり、次の社長選びのための、戦略的計画策定と運用です」

創業家の世代交代や事業承継といった要望だけではない。大企業でも、サクセッション・プランニングが論点になってきた、と語る。

「市場の成長が右肩上がりの時代は、極端な言い方をすると、誰が経営者になっても大して変わりはない時代だった、とも言えます。現社長がそれなりの実力者を後継者に選び、連続成長のための既定路線を継承していくことで、企業は安定経営ができた。しかし、今は状況が大きく変わりました。企業を取り巻く環境変化は激しく、不確実な状況下で意思決定をする経営トップの役割の重要性は劇的に高まっています

しかも、これからの経営トップは、第1回でも書いたように非連続の成長をリードしなければならないため、破壊的イノベーション創出のための新しいリーダーシップ・スタイルが求められる。求められる役割も要件も変化しているのだ。

「加えて、コーポレート・ガバナンス強化の動きから、次の社長候補者の絞り方、決め方についても説明を求められるようになりました。そこで、先進的な企業では、指名委員会がお飾りなどではなく、きちんと機能するようになっています」

社長を作っていくための戦略的計画が必要になっている

これまでは、指名委員会は設置されているものの、実際には社長が決めた案に対して歴代の社長経験者や社内役員内でコンセンサスができており、指名委員会はそれを承認するだけ、というケースも多かったが、これはもう過去の話になりつつあるという。

「私自身、アステラス製薬、丸井グループ、セプテーニ・ホールディングスで指名(諮問)委員会メンバーを務めていますし、複数の企業で指名委員会支援のコンサルティングを行っています。アステラス製薬では、社外取締役が過半数の取締役会になっているだけでなく、指名委員会についても、相当の時間をかけて個別の人材についてリアルに議論するための情報提供と、そのためのシステマティックな仕組みができあがっています」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy