体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミュージカル『刀剣乱舞』の新作公演2018年春決定!

 12月20日にさいたまスーパーアリーナにて行われた、ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~の 国内最終公演にて、ミュージカル『刀剣乱舞』(タイトル未定)の新作公演を2018年3月~5月に上演することが発表された。また、登場する刀剣男士とキャス及び公演情報も解禁されている。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 開催は3会場で行われ、東京公演が2018年3月24日(土)~4月1日(日) 日本青年館ホール。大阪公演が2018年4月8日(日)~4月15日(日) 梅田芸術劇場 メインホール。東京凱旋公演が2018年4月20日(金)~5月6日(日) TOKYO DOME CITY HALLとなる。

 真剣乱舞祭2017は日本国内公演を終了し、12月23日、24日に開催される広州体育館での中国公演を残すのみ。そして2017年11月にスタートした、「つはものどもがゆめのあと」が1月6日から日本青年館ホールで新年最初の公演を飾る。それに続く今発表の新作。また刀剣男士を見られるチャンスができた。恐らくチケット争奪戦は必至となるだろう。ファンの人は心してその戦いに挑もう。なお、新作公演のチケットは前売り開始日が2018年2月18日(日)午前10時から。チケット料金は8800円(前売 ・当日共/全席指定/税込)となる。

 ミュージカル『刀剣乱舞』はDMMとニトロプラスが共同製作する人気オンラインゲームが原作。日本刀を男性擬人化したイケメンキャラクターが多数登場することから女性を中心に高い人気を誇っている。また、ここ数年はモデルとなった刀剣も注目をあつめ、刀剣展などのイベントにはファンが押し寄せ「刀剣ブーム」と呼ばれる社会現象までも巻き起こしている。ミュージカルもその人気ぶりは同じくで、2015年の初演以降数多くのシリーズ作品を上演。2016年には世界遺産・嚴島神社での奉納行事も行っている。

【出演】
大和守安定役・鳥越裕貴
和泉守兼定役・有澤樟太郎
陸奥守吉行役・田村心
堀川国広役・阪本奨悟
長曽祢虎徹役・伊万里有
巴形薙刀役・丘山晴己
ほか

(c)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

(伊佐木零子)

関連記事リンク(外部サイト)

オカルト番組『緊急検証!』まさかの映画化決定 クラウドファンディングも実施
実写ドラマ『賭ケグルイ』早乙女芽亜里に森川葵が決定
地方自治体初、佐賀県上峰町が芸能人起用した「ふるさと納税」CMを関東で放映

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。