体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インフルエンザの予防“新習慣”! 手洗い・うがいだけでは不充分!?

インフルエンザが今年も大流行の予感

今年もインフルエンザのシーズンに入り、患者数が増加し、今年も感染流行の兆しを見せています。

そこでジョンソン株式会社は、2017年12月にお子さんがいる20~50代の主婦の方441名を対象に「家庭内でのインフルエンザ予防に関する意識調査」を実施。
「インフルエンザウイルスの家庭内感染経路」をテーマに“家庭内で行っている対策”をアンケートにて調査し、さらには、“家庭内で行われている対策がインフルエンザ予防として有効であるか”についてまとめています。今回はその内容をご紹介します。

家庭内でのインフルエンザ対策

家庭内でのインフルエンザ対策として、基本の「手洗い」「うがい」は上位、家具への対策には関心が低い結果になりました。

インフルエンザウイルスの家庭内感染の予防策としては、「帰宅時に手や顔を洗う(51.7%)」が1位、「帰宅時にうがいする(51.0%)」が2位となり、帰宅時にウイルスを落とそうとする対策が上位に。

対して、回答数が少なかったものとしては、「こまめに拭き掃除する(12.5%)」などがあげられ、家具への付着物に対する対策はあまり意識されていないことがわかりました。

家庭内でも感染が広がる恐れあり!?

アンケート調査結果として多くあげられた「手洗い」「うがい」は、インフルエンザ予防としては重要です。しかし、「手洗い」「うがい」を徹底していれば、家庭内で感染しないというわけではありません。

インフルエンザウイルスの家庭内感染に関するもう1つのポイントとして、いくら「手洗い」「うがい」を念入りに行っても、「一度インフルエンザウイルスを家に持ち込むと、家具などを媒介してウイルスに感染してしまう」という点があげられます。

予防するには、「手洗い、うがい、アルコール除菌拭き」の3つが大切です。

インフルエンザウイルスの家庭内感染経路と感染予防策について、芝大門いまづクリニックの今津嘉宏院長からコメントをいただいています。

【今津院長コメント】
インフルエンザ対策として、マスク着用のマナーがかなり浸透し、「飛沫感染」に対する意識は幅広い世代で高まっています。一方で、「接触感染」「空気感染」については、予防意識がまだまだ不充分であると言わざるを得ません。

「接触感染」は、インフルエンザウイルスに感染した人の飛沫が人の手やモノなどに付着し、ウイルスが付着した部分を触った人に感染することを指します。「空気感染」は飛沫が床などに落下し、風などによって再度空気中に舞い上がることで、そのウイルスを吸い込んだ人が感染することを指します。特に冬場は空気が乾燥しているため、長時間に渡って空気中を漂うことも多くなります。

いずれのケースでも、感染拡大の要因となっているのが、「残っているウイルス」で、このウイルスへの意識と対策が不足しています。

家庭内での感染拡大を防ぐためには、「家族の誰もが簡単に取り入れられる習慣を徹底」することが重要です。大人だけしかできないような方法では、結局は家庭内にウイルスを残してしまいます。そこで、手洗い・うがいに加えて、“アルコール除菌拭き”を習慣化できると良いと考えます。

<今津院長プロフィール>

芝大門いまづクリニック院長 今津 嘉宏(いまづ よしひろ)
1988年、藤田保健衛生大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部外科学教室助手/国保南多摩病院外科/国立霞ヶ浦病院外科/慶應義塾大学医学部外科学教室/慶應義塾大学医学部漢方医学センター助教/WHO intern/麻布ミューズクリニック院長/北里大学薬学部非常勤講師を経て、2013年に芝大門いまづクリニックを開設。他、慶應義塾大学薬学部非常勤講師/北里大学薬学部非常勤講師も務める。

インフルエンザウイルス感染予防のポイント

1 2次のページ
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。