体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビルボード・コリア再始動 最も信頼できるK-POP情報源を目指す

ビルボード・コリア再始動 最も信頼できるK-POP情報源を目指す

 2017年12月20日、イメージとアイデンティティを刷新し、ビルボード・コリアがリニューアルされた。K-POPの世界的な需要の高まりを受け、新たな商品やコンテンツのイニシアチブを通してビルボードによるK-POPの包括的な報道を目標とする。

 ビルボード・コリアの新CEOJinhee Kimは、「K-POPにとって今が最もエキサイティングで重要な時期であることは間違いない。ところが高品質のK-POPコンテンツや体験をグローバルに発信するメディア経路があまりない。このリニューアルを通じて本物のK-POPニュースと正確なチャート・データへのアクセスを提供し、カスタマイズされたプログラムとオリジナルなコンテンツによって最大限のユーザー参加が見込めるブランドとしての存在感を更に強化していくことを目指す」とコメントしている。

 ビルボード・コリア・HOT 100チャートは、韓国音楽業界のスタンダードな算出式と米ビルボードの信頼性が高いデータ蓄積システムに基づいたランキングとなり、毎週Billboard.co.krとBillboard.comで公開される。

 米ビルボードのチャート事業を統括するシルビオ・ピエトロルオンゴは、「ビルボードは、影響力があり急成長している韓国マーケットに再び参加し、現地に根ざしたK-POP 100チャートを再始動できることを喜んでいる。尊敬され信頼できるソースから提供される豊富なストリーミング、セールス、そして放送データにより、K-POP 100チャートは韓国で最も人気がある楽曲とアーティストの真のバロメーターになるだろう」とコメントしている。

 読者やファンはビルボード・コリアのコンテンツをモバイルやデジタル媒体、SNS、ライブ、そしてオフライン・イベントなど、様々なプラットフォームでアクセスできるようになる。米ビルボードが持つ世界的な影響力と、韓国国内のローカル・メディア・マーケットの知識を組み合わせることで、ビルボード・コリアは世界有数の、最も信頼できるK-POP情報源となることを目指す。

関連記事リンク(外部サイト)

ジョンヒョン(SHINee)の追悼番組がMTVで急遽放送決定
BTS(防弾少年団)、ニュー・シングルの発売を記念したイベントに2万人大熱狂
Apink、新AL『Pink Stories』の全曲トレーラー公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。