体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Da-iCE大野雄大「スタッフさん話違うんですけど」 “釣り部”始動!だが、参加者のやる気は…!?

Da-iCE大野雄大「スタッフさん話違うんですけど」 “釣り部”始動!だが、参加者のやる気は…!?

 DJ KOOが“KOO長”として活動するエイベックス・マネジメント学園に、新たにDa-iCEの大野雄大が部長となって立ち上げた「釣り部」が始動した。

大野雄大「釣り部」動画&画像(全5枚)

 休日には海釣りに出かけるなど、本気の釣り好きで知られるDa-iCE 大野雄大が熱望して立ち上げた釣り部。1回目から女優の伊藤ゆみ、モデルの大石参月、SOLIDEMOの向山毅の3名が集結がした。もちろん、大野部長は一緒に釣り部を盛り上げる部員として参加してくれてるものだと思っていたのだが…、のっけから、否定される大野部長!? 「ちょっと話が違うんですけど」とスタッフに不安な顔を見せる一幕も。

 SOLIDEMOの向山毅に至っては、AAA 浦田直也が部長を務め大野雄大、伊藤ゆみも所属している「カレー部」へ入部さてもらえるものだと思い参加しており、これには「釣り部を頑張れば浦田部長にLINEで連絡してあげる」と、なんとか丸め込みに成功。ということで、ひとまず体験入部として参加をしてもらい、大野部長が釣りの魅力をプレゼンすることに。早速釣り堀での鯉釣りに挑戦していった。

 大野部長は、釣り知識がほとんどないメンバーに、餌の付け方から竿の持ち方まで、懇切丁寧に教えながら部員獲得を目指すが、自由奔放なメンバーに、振り回されながらも奮闘。釣りの楽しさを知ってもらうために頑張る大野部長であるが、もちろんその実力も見せる。記念すべき一投目で、糸を垂らすやいなや早々に一匹目をゲット。釣りの魅力を伝えるために真摯にみんなのお世話をし、下働きもいとわないその釣り愛があふれる大野部長の姿は必見だ。

 そして、12月22日は釣り部続編が公開予定。釣りの後といえば、料理!ということで、大野部長を筆頭に料理をする。ふりふりエプロンの真相が明らかになっているので、こちらも見逃せない。

◎大野雄大が立ち上げたavex釣り部#1
https://www.youtube.com/watch?v=ghfGFBjtKfY

関連記事リンク(外部サイト)

村上佳佑×雄大(from Da-iCE)楽曲MV公開! Beverlyを迎えた3人によるイベントも
Da-iCE『BREAK OUT』主催イベントにトリ出演! メンバーも思わず関西弁で「最高や」
Da-iCE工藤大輝が後輩に楽曲提供! α-X’s新曲の作詞/作曲/振り付けを担当

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy