体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

柏木広樹、葉加瀬&西村由紀江を迎えた楽曲が2018年秋公開映画のエンディング曲に

柏木広樹、葉加瀬&西村由紀江を迎えた楽曲が2018年秋公開映画のエンディング曲に

 チェリスト柏木広樹の通算9枚目になるオリジナル・アルバム『TODAY for TOMORROW』に収録されている「Reminiscence ~回想 ~ feat. 葉加瀬太郎&西村由紀江」が2018年秋に全国公開される映画『きらきら眼鏡』のエンディング曲に決定した。

「Reminiscence ~回想 ~」MV

 映画『きらきら眼鏡』は恋人の死を乗り越えられず苦しむ明海(金井浩人)と余命宣告を受けた裕二(安藤政信)、そして裕二の恋人あかね(池脇千鶴)の3人を中心に、死生観と恋愛観を織り込みながら明海の成長を描く人間ドラマだ。監督は『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利。脚本を『相棒』シリーズなどの守口悠介が描き、犬童監督とは『つむぐもの』以来の二度目のタッグとなる前田紘孝がエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。

 本曲は、【第32回日本アカデミー賞】で「最優秀作品賞」を受賞した『おくりびと』のチェロ演奏で著名な柏木広樹が楽曲を書き下ろし、テレビ番組『情熱大陸』のテーマソングを手掛けるヴァイオリニスト葉加瀬太郎、そしてテレビドラマ『101回目のプロポーズ』の劇中曲を担当したピアニスト西村由紀江という日本を代表する豪華トリオが初めてタッグを組んでレコーディングしたもの。明海、あかね、裕二の3人の想いが交差する心の会話にも聞こえてくるかのようなメロディーとアレンジで構成されており、物語の最後を飾るに相応しいエンディング曲と言えそうだ。本曲のミュージックビデオも公開されたばかりなので、気になる方はチェックしてみては?

◎「Reminiscence ~回想~ feat. 葉加瀬太郎&西村由紀江」ミュージックビデオ
https://youtu.be/0AbBe67wRNs

◎公開情報
『きらきら眼鏡』
2018年秋、全国公開
監督:犬童一利
原作:森沢明夫『きらきら眼鏡』(双葉社刊)
出演:金井浩人、池脇千鶴、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美、志田彩良、安藤政信
配給:S・D・P
(C)森沢明夫/双葉社(C)2017「きらきら眼鏡」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

柏木広樹 クリスマスライブ。幻想的な音色で大阪の夜を染める
柏木広樹、トヨタ会館イメージソング収録の9th album『TODAY for TOMORROW』を発売
葉加瀬太郎、堤幸彦とコラボ演出の全国ツアースタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。