体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついに4年ぶり再始動! Ovall、その経緯を語る

ついに4年ぶり再始動! Ovall、その経緯を語る
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。12月20日(水)のオンエアでは、OvallのShingo Suzukiさん(Ba)と、関口シンゴさん(Gt)をゲストにお迎えしました!

Ovallは4年間の活動休止を経て、2017年に再始動を果たしました。休止中はアーティストのサポートやプロデュースなど、個々で活動していたそうです。

再始動のきっかけを伺うと、「直接、話はしてなかったんですけど、なんとなく『そろそろやっとく?』っていう空気があったり、周りから『やらないの?』って言われることが増えてきて」とのこと。

その後、2017年の夏くらいに、表参道のカフェで緩やかなミーティングがおこなわれ、「じゃあ、やるか」と再始動を決めたそうです。

そして、12月に2枚組のアルバム「In TRANSIT [Deluxe Edition]」をリリースしました。

「うちのレーベル(origami PRODUCTIONS)でファンサイトの配信限定アルバムとして『In TRANSIT』があって。これは、その曲のリミックスも全部入れて、さらに新曲も加えて、CDと配信でリリースしました」

サッシャが「4年間の活動休止中に、それぞれのいろいろな活動を通して、磨かれた部分や変化はありましたか?」と質問すると、2人とも「あったよね」とのことで、「経験値が増えてるので、作るペースというか、瞬発力がありましたね」「簡単なデモなんだけど、完成形がどうなるかを3人がなんとなく共通して見えてるっていうか。簡単なデモでも『こうなるから、大丈夫だよね』ってそこの議論はなしでレコーディングにいけるっていう感じでしたね」と語っていました。

4年の活動休止を経てついに再始動したOvall。息の合った3人の活躍にこれからも注目ですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。