体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野宮真貴に聞く、「真っ赤な口紅」をつけるコツ

野宮真貴に聞く、「真っ赤な口紅」をつけるコツ
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU WONDERFUL LIFE」。12月20日(水)のオンエアでは、野宮真貴さんにお話を伺いました。

音楽活動に加え、ファッション、ヘルス&ビューティなど様々なジャンルでご活躍の野宮さんですが、歌手活動を始めて36年になるそうです。

野宮:随分長くやってるなあという感じで…(笑)。
クリス:野宮さんの声って本当にいいですよね。ずっと変わらないし、明るくなるし、ポップだし。ご自分の声の使い方ってあると思うんですが…
野宮:それはありましたね。アマチュアでやってるときはハードロックが好きで、バンドを組んでみたものの、こういう声質なのでシャウトもできないし、ロックには向いてないなって思って、その時はギターをやってたんです。

でも「歌を歌いたい」という気持ちはずっとあったと野宮さん。そうこうしているうちに時代が変わったのだそう。

「70年代から80年代に変わるときに、ガラッと音楽も変わったんです。ニューウェーブとかテクノポップみたいな流れになって、長かった髪も刈り上げショートにして、ファッションも変わったし。それが新しくてかっこいいと思って、音楽も自分の声質にあってる、やっと歌えるジャンルがあったと気づいて。その時からボーカルスタイルはあまり変わってないです」(野宮さん、以下同)

ちなみに野宮さんは、「声が口角が上がってる」と言われるそう。「ピチカートファイブにも暗い曲とか悲しい曲はあるんですけど、私のこの声だと暗くならないというか、そういう効果もあったようです(笑)」

そこから話は、野宮さんが去年出されたエッセイ『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』から赤い口紅の話に。

野宮さんは50代になってから、赤い口紅をつけることが多くなったそう。

「それまでは服にあわせて口紅の色を変えてましたが、年齢を重ねて、肌の艶やハリが失われていくときに助けてくれるというか…赤を引くことで顔色も華やぐし、気持ちも元気になりますしね」

また、赤い口紅初心者の女性たちにアドバイスもいただきました。

「赤といってもいろんな赤があって、自分に似合う赤が絶対あるので、それを探しましょう。あと、つけ方も、きっちりリップラインをひいてつけるときちんと感が出ますが、ラフにつけたかったら指でちょっと乗せたり、濃すぎたらグロスで薄めたり、1回つけて派手だな、似合わないなと思わずに、せっかくだからなんとか自分に引き寄せてみてはどうでしょうか。あとはどんどん使って自分の目を慣らすのも大事です(笑)」

21日(木)もひきつづき、野宮さんにお話を伺います。どうぞお楽しみに。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。