体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonのモニター付き小型スマートスピーカー「Echo Spot」と電話コネクタ「Echo Connect」が米国にて販売開始!

日本でも販売が開始されたことで話題を集めたAmazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」。そのAmazonが、12月19日付で新たなモデル「Echo Spot」と、Echoを電話機にかえる「Echo Connect」をアメリカで販売開始した。

スマートスピーカーのEcho Spotは何となく想像がつきそうであるが、Echo Connectの方は、なかなかイメージしずらい人も多いのではないだろうか?それぞれ紹介していこう。

・Echo Showの小型版「Echo Spot」

日本では未発売だが、モニター付きのEchoに「Echo Show」というものがあった。Echo Spotはこちらの小型版と考えてもらっていいだろう。

2.5インチほどの丸型小型ディスプレイを搭載し、天気予報、時計、スケジュールを表示させておけるだけでなく、Echo同士のテレビ電話や、動画コンテンツの視聴、監視モニターの確認など、モニターを活かした使い方が可能となっている。

価格は130ドル(約1万4780円)だ。

・Echoを電話機に変える「Echo Connect」

気になるのはEcho Connectの方だろう。Echo Connectは、Alexa搭載のデバイスを電話機に変えるコネクタのような存在だ。自宅の固定電話とEchoを繋ぐことで、Echoの方で電話を受けたり、かけたりすることができるのだ。

今までもEchoには電話機能が搭載されていたが、あくまでEcho同士の電話に限られていた。これで、その制限を取っ払えるというわけだ。

日本だと、固定電話をもっている家庭は少しずつ減ってきているが、いまだに固定電話を頻繁に使っている家庭にとっては、なかなか助かるデバイスといえるかもしれない。値段は35ドル(約3980円)だ。

これらのデバイスが早く日本でも販売されることを祈りたいところ。

執筆:Doga

Pocketnow

Amazon(1, 2

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。