体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Magic Leap、ARヘッドセットを2018年に発売へ

複合現実(Mixed Reality)ヘッドセットを開発している米国のスタートアップ Magic Leap は長年にわたり先進的な拡張現実(AR)ヘッドマウントディスプレイシステムを発売することを明らかにしていますが、このほどその第一弾となる Magic Leap One やその「クリエイターエディション」を 2018 年に発売することを明らかにしました。まずは 2018 年早々にもクリエイターエディションが提供されます。これまでのところ、Magic Leap は投資家たちから約 20 億ドルを調達していますが、今のところハードウェアの情報については多くのことを秘密にしてきました。Magic Leap One の詳細はまだほとんど明らかにされていないものの、半透明のディスプレイを備えた 1 対のメガネやカメラとセンサー、タッチパッドを内蔵したワイヤレスモーションコントローラーを搭載しています。また、ベルトやズボンのポケットにクリップする「Lightpack」があり、これにアプリの処理をオフロードすることで、Magic Leap One は既存の VR ヘッドセットよりもはるかに快適に着用することができます。Magic Leap はまた、処方箋に基づき作られたレンズでも動作するモデルを開発するつもりなので、メガネユーザーは利用する時にメガネを外すことになります。Magic Leap ではルームマッピング技術を採用しているので、仮想オブジェクトは配置された場所に留まり、仮想的なアイテムを使って部屋をデコレーションしたりすることができます。また、ヘッドセットから入ってくる音の微妙な変化を解析して距離やその他のディテールを伝えるので、ステレオサウンドを超える 3D 体験が可能ですこれは「サウンドフィールドオーディオ」とも呼ばれています。Source : Magic Leap

■関連記事
Mozilla、FireTV向けのFirefoxをリリース
Core i7を搭載したPixelbookの最上位モデルがようやく発売
SonyのAndroid TVブラビアがauの「ビデオパス」に対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。