体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『電子パイポECO』安心の国産電子タバコ/VAPEで減煙・禁煙、しかも経済的にも楽なる!

世間は紙巻きたばこから「アイコス」、「グロー」、「プルーム・テック」などの加熱式たばこに切り替える喫煙者が激増。その一方でそもそもニコチン・タールを含まない電子タバコ(VAPE)も大人気だが、どうにも海外製は信用できないというのなら、『電子パイポECO』という選択肢がある。

アイコスなどと違ってニコチン・タールを一切含まないリキッドの蒸気を吸入する健康面にうれしい電子タバコ!

近年ブームを呼んでいるアイコス、グロー、プルーム・テックが、電子タバコだと勘違いしている人もいるかもしれないが、正確にいうとそれらは加熱式タバコ。ニコチンリキッドを法的に流通できない日本では、ニコチンを含まない蒸気を吸う機器が電子タバコと称される。若者の間ではVAPE(べイプ)と呼ばれて愛好されているもの。

 
あわせて読みたい:
『電子パイポ』はモクモクと香りの水蒸気を吸って吐いて楽しむニコチンレスの新娯楽! 海外ではセレブ御用達!

そして「禁煙パイポ」でおなじみのマルマン株式会社ヘルスケア事業本部(東京都千代田区)が展開しているのが、「電子パイポ」。これは事実上VAPEそのもの。では何が違うのか。それは若者層に支持の高いVAPEが主に中国製であるのに対して、電子パイポは国産であるということ。日本製VAPEというのはまだまだ数が少なく、他には「フレンバー」という女性人気の高いブランドがある程度だ。

 
あわせて読みたい:
アイコスから電子タバコで禁煙!? 従来の面倒くささを排除したフレンバー『CLOUD17』ならものぐさでもOK!

 

そもそも電子タバコ自体が中国で開発されたものなので、中国製が多いのは当然なのだが、やはり口の中に入るものなので安心したい。そうした層のハートをがっちり掴んで、地道な人気を博しているのが電子パイポ。ゴルファーにはおなじみの会社であり、禁煙にチャレンジしたことのある人なら「禁煙パイポ」は一度は通る道。国産な上に、知っている会社ということで、その信頼感の高さはわかる。

初めからリキッドがセットになっているのが初心者にはうれしい。

 

その電子パイポの進化版となるのが、『電子パイポECO』(直径14mm×高さ138mm・希望小売価格 税込3,024円・発売中)だ。

分解するとこんな感じ。左から吸い口保護用のシリコンキャップ、アトマイザータンク、コイル、バッテリー部。

 

仕組みはVAPEと同じ。タンクに入れた電子タバコ専用リキッドを内蔵コイルで加熱して蒸気を発生させる。下半分はコイルに電気を供給するバッテリー。リキッドの主成分はグリセリンで、弁当などの食品に普段から添加されているもの。コンサートで炊かれるスモークもこれと同じものだ。そこに風味づけの香料を添加するのだが、これも食品レベル。ニコチンもタールも入っておらず、紙巻きたばこユーザーが電子タバコに切り替えると事実上の禁煙となる。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。