体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第172回「今週のアルゴリズム:目盛りの消えた円」正解者発表

「今週のアルゴリズム」とは

「今週のアルゴリズム」問題は、毎週火曜日にちょっとした問題を出題し、正解するとニックネームを掲載していくというシリーズ問題です。そして、正解した方全員に「たいへんよくできました」バッジも付与されます。

第172回は「今週のアルゴリズム:目盛りの消えた円」の問題です。

問題文「第172回 今週のお題:目盛りの消えた円」

有名なパズル問題の一つに「Spacer Ruler(Wikipedia)」があります。
「目盛りの消えたものさし」とも言われ、できるだけ少ない目盛りの数で1cm単位の整数を測ります。

例えば、1cm刻みで目盛りが付いている長さ10cmのものさしの場合、左図の下側にある4つの目盛りが残っていると、それを組み合わせて図のように1cm~10cmまで測ることが可能です。

イメージ

これを右図のように円形で考えてみます。
円周を n 個に分割した目盛りのうち、できるだけ多くの目盛りを消して1~nまでを測ります。
例えば、n = 10 のとき、右図の赤色の4点だけ残すと1~nまでを測れます。
3点だけ残して、1~10までを測ることはできませんので、少なくとも4点が必要です。

標準入力から n が与えられたとき、残った目盛りの数が最も少なくなる場合を求め、その残った個数を標準出力に出力してください。
なお、n は30以下の整数とします。

【入出力サンプル】
標準入力
10

標準出力
4

正解者

おめでとうございます!正解者のみなさんです。(新着順)

strauss様
arborvitae666様
R修行中様
みけCAT様
fukayanegi様
segfa様
カニ戯(ry様
idiotton様
えちごやえちぜん様
みかんず様
cororincho様
nakaichi様
maronta様
yudedako様
takashi4様
おじけん様
Azicore様
Stars様
cudjo様
ginneko様
DDCatwalk99様
angel様
haruya様
suno_tf様
wx7890pack様
redpeace様
scherzo2様
Mattsun様
distancedsilhouette様
toku-mori様
RYOTO様
swi様
id様
tktnhsj様
norman-k様
HinataSaien様
a992571様
テノゴール様
rw0020様
rotary-o様
min様
todaemon様
ナガセ様
おおぐちかば様
きんぱつ様
suzuking様
HHeLiBeX様
ryagi様
Nyagoking様
Count0様
ciel様
touran7様
tnakao様
やまさん様
L.star様
Hira0404様
smz8110様
chat様
Yasu.Hara.様
舞葉様

CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。