体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリゲ投稿サイト「フリーゲーム夢現」に“投げ銭”ボタンが追加、任意のゲーム作者への寄付を支援

フリーゲーム投稿サイト「フリーゲーム夢現」は20日、同サイトでゲームを公開している作者への寄付を支援する“投げ銭”ボタンの提供を開始した。

同サイトの公式Twitterでは先日、フリーゲーム作者への寄付に関するアンケートが行われ、約9割の回答者が何らかの形で寄付をしたいと回答するという結果が出たことにより、11日には機能追加の可能性が示唆されていた。そこから約10日で今回の機能追加となった形だ。

現在のところ寄付の方法はAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送る形となっており、あからかじめ作者側が寄付を受け付ける設定を行ったゲームのページに、「投げ銭する」ボタンが表示される。このボタンをクリックすると表示されるページにて、Amazonギフト券の送付先となるメールアドレスを表示可能。ページ上にはAmazonギフト券の送り方の解説も掲載されている。
freegame-mugen-donation

寄付を受け付けている作品のページで「投げ銭する」ボタンをクリックすると表示されるページ

つまり機能の実態としてはあくまで「Amazonギフト券による寄付を受け付けるメールアドレスを表示する機能」であり、同サイト上から直接寄付が行えるわけではないが、「寄付を受け付けている作品が明示される」「解説も含め、寄付をしやすくする導線が用意される」ことは大いに意義があるだろう。また、実際の寄付は大手企業による既存のシステムを利用するため、送る側も受け取る側も比較的安心して利用できるのもメリットだ。

Amazonギフト券(Eメールタイプ)の送付にはAmazonのアカウントが必要だが、少なくとも執筆時現在、受け取った側に送付側のメールアドレスが通知されることはなく、送付者名もニックネームや無記名で送ることが可能。一方でメッセージを記入することもできるので、寄付の意図や作品の感想などを添えるのもよいだろう。

作者側は本機能を通じて寄付を受け取りたい場合、あらかじめ寄付を受け取るメールアドレスを設定しておく必要がある。逆に言えば寄付を希望しない作者の作品のページに「投げ銭する」ボタンが表示されることはない。執筆時現在、150作品ほどに「投げ銭する」ボタンが用意されている模様だ。

関連記事:

第9回「WOLF RPGエディターコンテスト(ウディコン)」開催! 20本以上の応募作品が早速プレイ可能
ノベルゲーム『雪子の国』ダウンロード販売開始。ふりーむ!ゲームコンテスト最優秀賞受賞作『キリンの国』続編
「RPGツクールVX Ace」が1ドル!Humble BundleでRPGツクールのバンドル販売が実施中

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。