ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】米ディズニー、ダークサイドな実写版映画『くるみ割り人形』のトレーラーを公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米ディズニーは12月19日(現地時間)、ホリデーシーズンの最中に映画『The Nutcracker and the Four Realms (原題)』のトレーラーを公開した。ラッセ・ハルストレムが監督を務め、キーラ・ナイトレイ、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレン、マッケンジー・フォイが出演する。

同作は、作家E・T・A・ホフマン原作の1816年の小説『くるみ割り人形とねずみの王様』と作曲家ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』の実写版映画だ。フォイが、ミステリアスなパラレルワールドに入る鍵を見つけるクララを演じる。そこでクララは、ジンジャーブレッドの兵士、ねずみの軍隊、ミレン演じる女王らと出会う。ナイトレイは金平糖の精を演じ、クララの旅を助ける。

フリーマン演じるドロッセルマイヤーが、「さあ、クリスマスイブです。お待ちかねのミステリーの時間です。何が起こるか誰が知っているでしょうか?」とトレーラーで語りかける。著名なバレリーナのミスティ・コープランドがリードダンサーの1人を演じ、同作の中でソロを演じる。

トレーラーは、「あなたの知っている伝説にはダークサイドがあります」と明かし、古典的な物語を不吉でディズニーらしくないトーンにしている。同作は、今年公開された映画『美女と野獣』を含めた、映画『アラジン』、映画『ムーラン』、映画『ライオン・キング』、映画『ダンボ』という、米ディズニーが手掛けるアニメ映画の実写化企画の作品のひとつだ。

『The Nutcracker and the Four Realms (原題)』は、2018年11月2日に米劇場公開する。

カテゴリー : 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。