体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本に100台しかない貴重な楽器でクリスマスライブ

日本に100台しかない貴重な楽器でクリスマスライブ
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。12月20日(水)のオンエアでは、アイリッシュサウンドとスウェーディッシュサウンドで、一足早い“クリスマスライブ”を開催しました!

スタジオにお招きしたのは、アイリッシュバンド「John John Festival」からフィドル奏者のjohn*さんと、アイルランドの太鼓バウロン奏者のトシバウロンさん。さらに、北欧音楽バンド「Drakskip」に所属している、スウェーデンの伝統楽器ニッケルハルパ奏者の榎本翔太さんです。

ニッケルハルパはバイオリンのような形のものに鍵盤が付いており、それをギターのように持って弾きます。左手で鍵盤を押しながら、右手は弓で音を鳴らします。日本には100台ほどしかない貴重な楽器です。弦は16本もあり、試しに音を鳴らしていただいたところ、別所は「なんてふくよかな音なんでしょう…」と感激していました。

ちなみに、アイルランドのクリスマスは家族で集まってターキーなどを皆で食べたり、教会に行くそうです。スウェーデンのクリスマスは、肉といえば豚肉のイメージだとか。あと“グロッグ”というホットワインを飲むそうです。日本ではクリスマスでも飲食店は開いていますが、アイルランドでは閉まっている店が多く、日本の店が開いていることに驚く人もいるそうです。

オンエアでは、ダンスチューンとクリスマスの曲を4曲メドレーでお届けしました。別所は「素敵なメドレー! 改めて、あるべきクリスマスの真髄を音楽から感じました」と大喜び!

みなさんの演奏を生で楽しみたい方は、榎本さんは12月24日(日)に巣鴨にあるレソノサウンドでライブが行われます。john*さん、トシバウロンさんが所属するJohn John Festivalは年末からオーストラリアツアーを行うそうです! なんと、5週間に渡って開催するとか! 2組の活動から目が離せませんね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。