体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミシュランの三ツ星店を制覇するにはいくらかかる?

ミシュランの三ツ星店を制覇するにはいくらかかる?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。12月20日(水)のオンエアでは、世界のミシュラン三ツ星レストランに6000万円もつぎ込んだサラリーマン、藤山純二郎さんに話を伺いました。

藤山さんは、普通のサラリーマンでありながら、28年間に渡り、およそ6000万円を投じて、ミシュランの三ツ星レストラン119軒の内、116軒を制覇したそうです!

藤山さんが三ツ星レストランを回るようになったのは、1984年に『東京・味のグランプリ』と、フランス料理専門のガイドブック『グルマン』を手にし、その評価の基本となっているのが『ミシュランガイド』だということを知ったことに始まるそうです。

ミシュランガイドの定義は、その店で食事をするためにわざわざ旅行する価値がある店、ということですが、藤山さんご自身も実際に経験して理解したいとの思いで始めたそうです。

初めて行った店は、パリの名店トゥールダルジャン本店で、店の豪華さはもちろん、百科事典のように分厚いワインリストに驚いたとか。当時は三ツ星の店が30軒ほどだったこともあり、藤山さんは他の店も回ることを決意したそうです。

とはいえ、藤山さんはサラリーマンなので、お金のやりくりや、休暇を取るのも大変です。そこで、海外へはゴールデンウイークや夏季休暇、年末年始などに行き、店はなるべく効率良く回れるようにしているそうです。

サッシャ:トゥールダルジャン本店以外に、印象に残っているお店はありますか?
藤山:フランスにあるミシェル・ブラスの本店です。日本にも洞爺湖に支店がありますが、本店は非常に辺鄙な場所にあり、フランスの地方の空港から、さらにレンタカーで60km離れたところにあります。お店は宇宙船のような建物で、肉も野菜も素晴らしく美味しかったです。

ミシェル・ブラスは藤山さんが初めて行った時は二ツ星でしたが、「どうして三ツ星にならないのだろう」と思っていたら、その後、三ツ星になったそうです。

中にはどうしても予約が取れない店もあり、何度か挑戦してやっと取れた店もあるとか。行くとなれば3ヶ月以上前の予約が必須だそう。また、1人では入れない店もあり、そんな時、藤山さんは日本の場合は誰かと行くものの、海外の店では苦肉の策で「同伴者が急病で来られなくなった」と言って入れてもらったこともあるとか。

藤山さんの詳しいお話は『世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行』に掲載されています。どうぞ、手にとってみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy