体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の夜に耀きを放つ!フォトジェニックな「冬灯り」イベント2017-2018【東日本】

第42回つなん雪まつり

冬だからこそ見たい景色がある。冬じゃなきゃ見られない景色がある。この冬撮りたい景色がある!たくさんのイベントが目白押しの季節、今回は、東日本エリアより、澄み切った空気の中で、冬ならではの耀きを放つ「冬の灯り」スポットをご紹介いたします!この冬はフォトジェニックな「冬灯り」スポットへ出かけてみませんか?防寒対策もお忘れなく!

記事配信:じゃらんニュース

冬灯りは、夜が本番!準備して出かけよう。

フォトジェニックスポット

積雪地帯でなくとも、夜の屋外は気温が氷点下になることもある。いつも以上に暖かい装備を心がけ、手袋、帽子、足元までの防寒をしよう。エリアによって路面凍結や積雪に備え、滑りにくい靴を。車はスタッドレスタイヤやチェーンの用意が必要な場合も。イベント開催地の天候を必ずチェックしよう。

第42回つなん雪まつり【新潟県津南町】

2000個の優しい灯りが夜空に溶けていくスカイランタン。

第42回つなん雪まつり会場はスキー場。感動の光景を堪能するためには十分な防寒が必要だ 夜空に舞い上がる、映画のワンシーンのように幻想的なスカイランタン。つなん雪まつりでは、今回も夜空に約2000個を打上げ、フィナーレには花火とのコラボも。また、メイン会場であるニュー・グリーンピア津南のほか、大割野にも特設会場を用意。キャンドル点火、露天市、子ども向けイベントを開催する。第42回つなん雪まつりおみくじもひける縁結びのかまくら神社と雪灯籠 第42回つなん雪まつりかまくら神社のそばでは、キャンドルロードが迎えてくれる

◆コレも注目

飲食店やお店も出店。雪上自転車やスノーモービル体験、ステージイベント、スカイランタンの前には世界レベルの選手も出場するスノーボードストレートジャンプ大会「SNOWWAVE」など盛りだくさん。

◆現地での回り方&注意点

大割野特設会場はシャトルバス乗り場から徒歩5分。バス乗車前に寄ってみよう。

■開催期間/2018年3月10日(土)、前夜祭3月9日(金)

■開催時間/11時~20時(予定)スカイランタン打上げは19時30分~(予定)

■開催場所/ニュー・グリーンピア津南ほか 第42回つなん雪まつり

TEL/025-765-5585(つなん雪まつり実行委員会/津南町観光協会内)

住所/新潟県中魚沼郡津南町秋成12300(ニュー・グリーンピア津南)

料金/入場、観覧無料。ランタン打上げと駐車場は下記参照

アクセス/電車:JR越後湯沢駅より森宮野原行きのバスで津南町役場前下車後、シャトルバス(有料)で25分(前夜祭は運行なし)

車:関越道塩沢石打ICより50分、越後川口ICより1時間、上信越道豊田飯山ICより1時間10分

※スカイランタン打上げには、事前にチケットの購入が必要(当日販売はなし)。スカイランタン1個と駐車場1台分がセットになったチケットを販売予定。ニュー・グリーンピア津南会場および町内の駐車場は、このチケットのみ駐車可なので、観覧のみの場合は、要注意。スカイランタンの購入方法や料金などの詳細はhttp://snowfes.infoまたは「つなん雪まつり」でチェック

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy