体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

40代で婚活をしてみたら、その大変さに絶句!アラフォーのモテ要素は〇〇にあり

以前、20代30代のうちはいいけれど、40代になると一気に婚活が難しくなる、と言われたことがありますが、私はそれには反発していました。これから高齢化社会になるのだし、共に老いていくパートナーを探す人も増えるのだから、年齢は関係ないのでは、と。しかし実際40代で婚活をしてみたらその大変さに絶句してしまったのです。

 

60代からはモテモテ!

実際に自分が登録したらどうなのだろう、とネットの婚活サイトに登録してみました。女性は無料で利用できたので、どんなものかなと試してみたくなったのです。自分でプロフィール欄に書き込みをできるのですが、離婚歴については「あり」と素直に書きましたが、子どもの有無についてはあえて未回答にしました。最初からシングルマザーだと明かすのもどうなのかなと思ったからです。

登録し、翌朝開けてみたらなんと20通以上のメッセージが届いていました。けれど、ほとんどの人が50代後半から60代。私より10歳以上年上の人ばかりだったのです。今まで年下の男性とばかり恋愛していた私にとって、これはとても厳しい現実でした。同年代からのメッセージもほとんどなく、来たとしてもかなりの人に離婚歴がありました。

 

同年代はどこに?

私はどうやらバツイチだったため、男性から敬遠されたのかもしれません。確かに最初からわざわざ離婚歴がある女性を選ぶ人はいないのかもしれません。最初の検索で「離婚歴なし」の女性だけが表示できるようにしている人も多いのかもしれないなと感じました。50代60代の男性からは「もうすぐ会社も定年するので、残りの人生を楽しく一緒に過ごしましょう」と熱いアプローチをいただきましたが、私はまだまだ現役で仕事をしていたいので、人生のテンポが噛み合わなそうです。

でも同年代の男性はどこに行ったのでしょう? 婚活中の同年代男性に尋ねてみると「年下の女性にばかりアプローチしてる」とのことでした。どうせなら若い嫁さんをもらいたいと思うのか、男性は年下に目が行くようです。40代の私も50代60代から見れば年下なので、彼らからは若い女扱いされているのですね。

年下の男性が好みの私には合わなかったオンライン婚活サイトでしたが、年上の男性がお好みの女性ならば、婚活サイトは嬉しいアプローチの連続かもしれません。Domani(ドマーニ) 2018年1月号
Fujisan.co.jpより

雑誌『Domani』2018年1月号でもアラフォー婚活レポートが体験漫画付きで紹介されていましたが、あちこちで様々なドラマがあるようです。まだまだ年上からはモテることがわかったので、40代女性ももっと自信を持っていいかもしれません。

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。