体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安全地帯の出世作『安全地帯II』にバンドの矜持と時代の変遷を見る

勘のいい読者ならずともお気付きかもしれないが、当コラムは“結成○周年”や“デビュー○周年”といったバンドの代表作を取り上げることが多く、今年もさまざまな周年アーティストを紹介してきた。それならば、この人たちのことを忘れちゃいけない。ご紹介が遅れて申し訳ない。今年5月に初のオールタイム・ベストアルバム『ALL TIME BEST』をリリース。11月にオリジナルアルバム全14タイトルの再発。そして、11月23日と24日に日本武道館2デイズ公演、さらに12月9日には香港公演を成功させた安全地帯である。1stシングル「萠黄色のスナップ」のリリースが1982年だから、今年デビュー35周年。玉置浩二(Vo&Gu)のソロを含めてヒット曲の多い大御所バンドなので、改めて彼らのことを述べるのも何か憚られる感じではあるが、今回は1984年に発表された出世作と言える2ndアルバム『安全地帯II』を紹介しつつ、そのバンドの特徴を語っていこうと思う。
これだけはおさえたい邦楽名盤列伝! (okmusic UP's)
シングル集のようだが、 それだけではない

アルバム『安全地帯II』は、最大のヒット曲である4thシングルM1「ワインレッドの心」から幕を開け、アルバムの先行シングルだったと言える5thのM2「真夜中すぎの恋」に続き、そこから1曲挟んでのちに6thとしてカットされたM4「マスカレード」、さらにもう1曲挟んで5thのカップリングM6「…ふたり…」と流れていく、パッと見はさながら初期シングル集のような作りだ。とにかく頭から「ワインレッドの心」「真夜中すぎの恋」なので、ぼんやりとしかバンドのイメージを持ってないリスナーでも“これぞ安全地帯”と感じるに十分な作品と言える。しかし、今回、改めて聴いたところ──というか、正直に白状するとアルバムとしてちゃんと聴いたのはこれが初めてだったのだが──なかなか興味深い側面も垣間見れるアルバムである。レコードとはよく言ったもので、当時のバンドの状態、状況をうまい具合に記録していると思う。
玉置浩二の圧倒的な存在感

安全地帯を語る上で本当に改めて言うことではないが、でもそこを無視してはこのバンドを説明できないもの──それは玉置浩二のヴォーカル、その圧倒的な存在感である。まずそこから語ろう。ここを読んでいる方の中によもや氏の歌を聴いたことがないという人はいないだろうが、もしいるとするなら、こんな駄文を読むのはすぐに止めてYouTubeとかでいいので玉置浩二の歌声を聴いたほうがいい。百聞は一見に如かずではないが、どんなに美辞麗句を並び立てても、その形容が氏の歌の素晴らしさを上回ることはないと思う。徳永英明やコブクロの黒田俊介が“日本一歌が上手い”、スキマスイッチの大橋卓弥が“最も尊敬するヴォーカリスト”と評しているというし、EXILEのATSUSHIがその歌唱力に圧倒されて玉置の自宅マンションに訪問して歌唱指導を受けたという逸話もある。当代随一のヴォーカリストたちがリスペクトの念を惜しまない姿勢からも氏のすごさが分かろうというものだ。その情感たっぷりに歌い上げるスタイルは「恋の予感」「悲しみにさよなら」「碧い瞳のエリス」「夏の終りのハーモニー」(※井上陽水・安全地帯名義)、「じれったい」と楽曲を発表する毎に、より迫力を増していった印象はあるが、もちろんそのヴォーカリゼーションは本作でも十分に堪能できる。
部屋に籠って創り上げた 「ワインレッドの心」

メロディーラインも氏の歌声の艶っぽさを最大限に引き出していると思う。作曲は玉置浩二本人なのだからそれは当然だろうと思われるかもしれないが、1stアルバム『安全地帯I Remember to Remember』や2ndシングル「オン・マイ・ウェイ」、3rd「ラスベガス・タイフーン」と聴き比べると、明らかに『安全地帯II』においてはこのバンド独特のウエットさが増していることが分かる。アマチュア時代から業界内で注目を集めていたものの、デビューからしばらくの間、セールスは芳しくなかったという安全地帯。のちに「ワインレッドの心」となった4thシングルは当初、スタッフから井上陽水作曲でどうかと打診されたそうである。スタッフにしてみれば状況を立て直さんとする策だったのだろうが、玉置氏はこれを断って、1週間部屋に籠ってメロディーを創り上げたという。そこに井上陽水が手掛けた歌詞を乗せて「ワインレッドの心」となるわけだが、玉置氏は陽水氏の歌詞にもダメ出しをして楽曲を完成させたというから、その臨み方が半端じゃなかったことは間違いない。背水の陣を感じていたのかどうかは定かではないが、明らかにそれまでとは向き合い方は違ったのだろう。だからこそ、のちにつながる安全地帯のオリジナリティーが発揮されたのだろうし、それが巷にも浸透していったのではなかろうか。
と、ここまでは一般的に…と言おうか、しっかりと音源を聴かずとも語れるくらいの安全地帯の特徴だが、前述の通り、アルバム『安全地帯II』に収められているのはそれだけではない。ロックバンドとしての矜持、時代性、もっと言えばそれらを含めて過渡期ならではバンドの姿がパッケージされている。玉置氏のヴォーカルとメロディーが印象が強い、つまり歌が突出している感は否めないので、どうしてもそこがフィーチャーされるが、安全地帯はバンドである。デビュー後はその直後にドラマーのメンバーチェンジ、そして1994年に一度、武沢豊(Gu)が脱退したことがあるものの、玉置浩二、矢萩渉(Gu)、武沢豊、六土開正(Ba)、田中裕二(Dr)の5人での安全地帯だ。このメンバーでこそのバンドサウンドであり、それがあっての歌でもあろう。『安全地帯II』に限ったことではないだろうが、アルバムを聴けば彼らがバンドであることは明らかである。
多彩かつ奔放なギターサウンド

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。