体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】舞祭組『舞祭組の、わっ!』が総合アルバム首位 紅白決定の安室奈美恵は依然強く

【ビルボード】舞祭組『舞祭組の、わっ!』が総合アルバム首位 紅白決定の安室奈美恵は依然強く

 2017年12月25日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、舞祭組『舞祭組の、わっ!』が総合首位を獲得した。

 舞祭組にとって自身初となるアルバム『舞祭組の、わっ!』は、グループのデビュー記念日である12月13日にリリース。初動3日間で55,176枚、初週累計では75,171枚を売り上げ、パッケージ・セールス1位を獲得し、ルックアップでは7位と高順位をマークして、総合アルバム首位に輝いた。

 勢いが止まらない安室奈美恵のベスト・アルバム『Finally』。週間で51,773枚を売り上げたパッケージ・セールスが2位、ルックアップでは同2位の米津玄師『BOOTLEG』の約2倍となるポイントを積んだが、総合では、あと一歩のところで舞祭組『舞祭組の、わっ!』を上回ることができなかった。『第68回NHK紅白歌合戦』への出演も決まり、年末に向けてこの驚異的なロング・セールスの勢いが加速する可能性を考えると、2017年度の年間“HOT ALBUMS”を制した本作が、引き続きチャートを賑わし続けることは間違いないだろう。

 韓国出身ボーイズ・グループBIGBANGのリーダー、G-DRAGONによる約4年ぶりソロ作『KWON JI YONG』は、初週累計38,798枚を売り上げてパッケージ・セールス3位となり、これが牽引する形で総合でも3位に収まった。続く総合アルバム4位には、amazarashiの4thアルバム『地方都市のメメント・モリ』が、5位には、韓国出身グループSF9の日本1stアルバム『Sensational Feeling Nine』がチャート・インしている。

 椎名林檎のセルフ・カヴァー・アルバム『逆輸入~航空局~』は、パッケージ・セールス11位、ルックアップ24位となっているほか、グレー層の関心を引き付けたか、ダウンロードで前週から引き続き1位をキープ。総合アルバムでは6位となった。

◎【HOT ALBUMS】トップ10
1位『舞祭組の、わっ!』舞祭組
2位『Finally』安室奈美恵
3位『KWON JI YONG』G-DRAGON from BIGBANG
4位『地方都市のメメント・モリ』amazarashi
5位『Sensational Feeling Nine』SF9
6位『逆輸入~航空局~』椎名林檎
7位『BOOTLEG』米津玄師
8位『The BEST』KinKi Kids
9位『Blessed』赤西仁
10位『DINOSAUR』B’z
11位『アルスロットル』アルスマグナ
12位『アンコール』back number
13位『銀魂BEST4』V.A.
14位『LOVE it』西野カナ
15位『ALL SECRET TRACKS』MY FIRST STORY
16位『軌跡 BEST COLLECTION+』和楽器バンド
17位『TVアニメ『けものフレンズ』キャラクターソングアルバム「Japari Cafe2」』けものフレンズ
18位『CYCLE HIT 1991~2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』スピッツ
19位『Λ』ACIDMAN
20位『ワン・モア・ライト・ライ』リンキン・パーク

関連記事リンク(外部サイト)

12月25日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】舞祭組『舞祭組の、わっ!』が75,171枚を売り上げ週間アルバム・セールス首位 安室奈美恵『Finally』同2位を堅持
安室奈美恵 ラストドームツアー追加公演を発表! ソロアーティスト史上最多動員数に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。