体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オカルト番組『緊急検証!』まさかの映画化決定 クラウドファンディングも実施

・街角の幽霊へ街頭インタビューを敢行!「幽霊の住みたい街ランキング」1位は渋谷と判明!?ー

・UMAは目撃する時代から飼う時代へ!ペットとして飼う時代に向けて、河童などの飼育方法を検証!ー

などの人気企画でオカルト界の荒野を切り開いてきた、CS放送ファミリー劇場のオカルトバラエティ番組『緊急検証!』シリーズが、まさかの映画化決定を発表しました。

 タイトルは『緊急検証!THE MOVIE(仮)』で、配給元は東北新社。2018年公開を予定しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今発表にあわせてクラウドファンディングがスタートしています。普段のCS予算では不可能に近い、映画ならではのスケール感で内容をよりパワーアップして全国公開も目指すためだといい、募集額は一口3000円からとなっています。

 もちろんリターンは充実。オカルト三銃士(飛鳥昭雄さん、山口敏太郎さん、中沢健さん)や、MCの逸見太郎さん、審査委員長である大槻ケンヂさんをはじめ、辛酸なめ子さんなどレギュラー出演陣のお礼メッセージ動画が見られるコースから、「映画の制作者(ファミリー劇場)を呼びつけて何でも質問したり飲んだり出来る権利」など捨て身のコースまで用意。ちなみに呼びつける費用(交通費や飲み代など)は支援者の全額負担です。
オカルト番組『緊急検証!』まさかの映画化決定 クラウドファンディングも実施リターン例

 番組は「本映画公開を通して、かつて70年代にブームを迎えたオカルトブームを再び巻き起こします!」と公開へ向け意気込んでおり、さらに番組審査委員長の大槻ケンヂさんはファンや闇の秘密結社、一部特権富裕層の方にむけて「ぜひよろしくね!」とクラウドファンディングへの参加を呼びかけています。なお、実施サイトは『CAMPFIRE』で、期間は2018年1月31日までです。

 『緊急検証!』シリーズは、2012年に放送を開始、シリーズ第19回を迎えるファミリー劇場のオリジナル番組です。過去の放送では幽霊、怪村、呪い、UMA、宇宙人、陰謀論、終末予言といったテーマを取り上げ、12月31日には12月8日に放送された『緊急検証!2018年度版超新約黙示録~ 第5回紅白オカルト合戦~』を「オカルトゆく年くる年」付きで22:30~24:05に再放送予定です。

(C)東北新社

関連記事リンク(外部サイト)

実写ドラマ『賭ケグルイ』早乙女芽亜里に森川葵が決定
地方自治体初、佐賀県上峰町が芸能人起用した「ふるさと納税」CMを関東で放映
シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』2018年7月13日公開決定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。