体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結果を出すことでしか自信はつかないから、やるしかないね #ふたりごと

筋トレの効果かぁ。

それがさ、毎朝の習慣にできなくて…。はずかしいけど、3日坊主は回避したけど、2週間も続かなくて。

20171220_kumi3.jpg

「継続は力なり」

小学校低学年のころに通知表に書かれた言葉。

あのころから私は、何も変われていなかった。

継続することや習慣にすることが苦手で、興味がないことに対しては3日坊主は当たり前。

そんな私を見て、先生が伝えたかった言葉が「継続は力なり」だったんだと思う。(そのとき一緒に「ローマは1日にしてならず」という言葉も知ったのを鮮明に覚えてる!)

いてもたってもいられなくなって、ジムに入会したの

20171220_kumi2.jpg20171220_kumi4.jpg

1日2食の食生活を始めて数年、41歳を過ぎたころから同じ生活をしているのに、いきなり体重が増えた。おなか周りだけ異常に出てきて、デニムが入らなくなってきた。

服が思ったように着られないのは、私にとってかなりストレスがかかることだから、このストレスをなくしたくて1日2食生活で体重をコントロールしてたの。

でもそれが通用しなくなってきた。

おなかの筋肉は衰え、内臓が下がってきてしまい、胃下垂のように食べると下っ腹がポッコリ。

20171220_kumi5.jpg

もう真剣に筋トレをしないといけないと決心して自宅で筋トレをスタートしたけど、やっぱり何だかんだ理由をつけては後まわしにして毎日継続ができなくて…。

そんな自分に嫌気がさしたとき、「継続は力なり」を思い出し、小学生のころから変われていない自分にあきれた。

もう、やだ。変えたい。そう思ったら、いてもたってもいられなくなって、ウエスト周りとヒップアップ強化の評判がいい「blenda gym」に入会したの。

やったらやっただけ結果がついてくる筋トレは、がんばり甲斐がある

20171220_kumi1.jpg

「blenda gym」はパーソナルトレーニングで、細かく私に合わせたトレーニングを組んでくれるから、しっかり向き合えるのもいいところ。

このジムで継続してトレーニングをすることで、41歳でもやればできると自分に証明したい。結果を出すことでしか自信はつかないから、やるしかないね。

それに筋トレは自分ががんばれば必ず結果はついてくると思うから、いい意味でラクな気がする。

会社員時代はどんなにがんばったとしても、上司の胸三寸で評価が決まってしまう悔しい思いをしたこともあった。

あのときの悔しさを考えたら、自分がやったらやっただけ結果がついてくる筋トレは、がんばり甲斐がある。

20171220_kumi7.jpg

そう怠けていた自分に喝を入れてがんばるね!

ひーちゃんは少し前にジムに通い始めたけど、もう結果は出てる?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

■ あわせて読みたい

そんなに過剰な「便利」っている? #ふたりごと
SNSは虚構だ。それがどうした #ふたりごと
長い歴史のなかでは私は点 #ふたりごと
わたし、やっぱり接客が大好きなんだよね #ふたりごと
東京箱入り娘 #ふたりごと
ごはんが上手く炊けたとき、「今日はいい日だなぁ」ってひとりでにやっとする #ふたりごと
自分の感覚が素直によろこぶ生き方をしたいな #ふたりごと

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。