体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最高記録に成功!次世代型交通システム「Hyperloop」、走行テストで240マイル/時の記録を達成

2013年にイーロン・マスクが提唱した、次世代型超高速交通システム「Hyperloop」。計画は着々と進行し、昨年5月には屋外テスト走行にも成功。それから1年半。ついに、世界最高速度240マイル/時(約386キロメートル/時)の記録を達成した。

・前回を大きく上回る記録を達成

このスピードテストは12月15日、ラスベガスの砂漠に建設した輸送ポッド(XP-1内)で行われた。結果として、過去の最高記録192マイル/時(308キロメートル/時)を大きく上回ったが、理論上の最高速度700マイル/毎時(約1127キロメートル/時)には、まだまだ足りない。

その速度を達成するには、今よりさらに長いテストトラックがいる。現在のトラックは、1620フィート(約493メートル)。この距離で達成可能な最高速度は、250マイル/毎時(約402キロメートル/時)。開発チームによると、プラス2000メートルのトラックでなければ、目標速度を達成するのは難しいとのことだ。

しかし、今回のテストで注目すべきは、速度よりチームが考案した新しいエアロック技術だろう。イーロン・マスクの理論を再現するため、ほぼ摩擦のない真空状態のポッドを作ったわけだが、今回の記録を達成したことでこのポッドが、将来的に採用可能なものであることが証明された。

・来年以降の動きに注目

もちろん、長距離における真空維持の研究など、課題はまだまだある。そうした事情を差し引いたとしても、このニュースは開発元にとって、大きな励みになったに違いない。

昨秋、ヴァージングループの総裁リチャード・ブランソン氏の投資を受けて、Virgin Hyperloop Oneと改名。実現に向けて新たに始動したにも関わらず、さまざまな事情から、計画はとん挫状態に陥っていたからだ。

年の瀬に舞い込んだ吉報。来年以降の動向に注目したい。

souce by THE VERGE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy