体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【マチカドラマ インタビュー】マチカドラマの良い部分も悪い部分も全て詰め込んだ一枚

新潟発・マチカドラマが初の全国流通盤ミニアルバム『この日々を愛おしく』をリリース! 今作に込めた想いはもちろん、メンバーの加入、バンドの改名と新しいスタートを切った経緯についても語ってもらった。
L→R タクオ(Ba)、萩原忠昭(Vo&Gu)、ミトミ(Dr) (okmusic UP's)
──まずはバンドの結成のいきさつを教えてください。結成当時はどういったバンドがやりたいと思っていましたか?
萩原
「以前組んでいたバンドが解散したあと、新しいバンドを組む際にドラムのミトミを誘ったことがきっかけです。自分が難しいことはできないってところもあるんですが、シンプルで伝わりやすい歌、真っ直ぐな歌詞と真っ直ぐなメロディーで勝負できる歌モノバンドがやりたくて組みました。それがいつかきっとマチカドラマの武器にもなるんじゃないかとも思っています。」
ミトミ
「結成から変わったことはあまりなくて、今もその意識を持って活動していますね。今回再録した「恋」もそうなんですが、長く愛される曲が作れるバンドになりたいと思っていますし、聴いていた当時のことを思い出して胸が熱くなるような曲を作りたいんです。ちなみに、私はBUMP OF CHICKENを聴くと高校受験直前の切ない気持ちを思い出しますね(笑)。」
──2017年5月にサポートベースのタクオさんが正式加入しましたね。
タクオ
「もともとは埼玉でバンドをやっていた時に対バンで出会って、個人的にその時からハッピーエンド(マチカドラマの前身バンド)がすごく好きだったんです。それでお互い企画に呼び合ったりして、その時の打ち上げで“新潟住んでたら入りたかったんですよ~”とか冗談で話してたんですけど、いつの間にかマチカドラマに加入する流れで埼玉から新潟に来てしまいました(笑)。なので、このバンドに関する意識とやる気は誰にも負けません!」
──バンド名を“ハッピーエンド”から“マチカドラマ”に改名したことで、どのような変化がありましたか?
萩原
「バンド名が変わることに関しての不安はありましたが、3人になったことでその不安が期待に変わりました。ミトミとふたりでやっていた時は、“これからもふたりっきりでやっていくのかな?”といったような不安がありましたし。でも、タクオが入ってバンド名も変わった時にふたりのやる気を見て、このバンド名とこのメンバーならやれると自然に思えたんです。」
ミトミ
「さすがに“ハッピーエンド”というバンド名は…といろんな人から指摘を受けたこともあったし(笑)、良い機会だったかなと。バンド名を決める時に単語を50個くらい出して、それを組み合わせていって一番しっくりきたのが“マチカドラマ”でした。“マチカド”(街角)と“ドラマ”を足した造語ですが、誰もが過ごす日常の中で何かちょっとしたドラマが起きますようにとの意味を込めました。」
──ミニアルバム『この日々を愛おしく』はいつ頃から制作に取り掛かりましたか?
萩原
「制作は2017年の3月くらいから始めて、ひとりでも多くの人に届けられるように、聴きやすさを意識しました。兎にも角にも入口を広げないといけないと思って。」
タクオ
「加入して初の音源制作だったので、前身バンドから聴いていた人が新鮮さを感じられるようなものにしたいと思っていました。僕はマチカドラマの中ではわりと速めの曲が好きで、レコーディングの段階からも収録候補の中からそういった曲を推していたので、今回のアルバムの収録曲として僕好みの曲が多くなった分、ハッピーエンドの雰囲気とは多少変わったんじゃないですかね。」
──今作にはハッピーエンド時代からの楽曲も収録されていますが、それ以外は書き下ろした新曲になるのですか?
ミトミ
「「恋」と「明日へ」以外が全て新曲です。今までの楽曲もそうですが、新曲には“みんなに聴いてほしい”というマチカドラマ3人の真っ直ぐな想いを込めました。」
──全楽曲の作詞作曲は萩原さんが務めていますが、楽曲はどのように作ることが多いですか?
萩原
「基本的にはサビのメロディーから作り始めます。そうするとそれに合った歌詞がすぐに出てくることがほとんどなので、そのイメージを崩さず全体を作り上げていく感じですね。今回はふたりにベースとドラムのイメージを伝えてフレーズを作ってもらうことが結構大変でした(笑)。」
──「ヴェール」「ゆらゆら」のように女性の言葉や目線で書かれている楽曲を作る時のイメージや心境に関しては?
萩原
「恋愛の曲を作る時は女性目線のほうが作りやすいんですよね。多分、他の人より女々しい性格なのかもしれません(笑)。普段から昔の彼女のことだったり、好きだった人のことを引きずったりしてしまうんですよね。今となってはそこもいいところなんじゃないかな?と思って曲にしているんですけど。」
──今作の幕開けを飾る「ねぇ。」は《ねぇ、ねぇ、》という部分が耳に残りますね。
萩原
「リード曲の「未来」は今言ったような自分の女々しい部分がない曲で。だからこそ、このアルバムの入口でもある「ねぇ。」はがっつりと女々しい自分たちの武器を前面に出して、最初に聴いてもらおうと思いました。“これがマチカドラマだけど、どう?”的な感じです。」
──「恋」は2016年12月にリリースした『ハッピーエンドの始め方』に収録されている楽曲ですが、リスナーからも多くの反響を受けていますね。
ミトミ
「未だにうちの看板娘です(笑)。1年前にリリースした曲ですが、たくさんの方からずっと愛されてきた曲なので、これからも大切な曲として演奏していきたいと思っています。」
タクオ
「加入前はリスナーとしてこの曲を聴いていましたが、自分もすごく好きな曲で、今は演奏する側としてより多くの人に“会いたい”を絡めていきたいです。」
──歌い出しから駆け抜けるような疾走感のある「未来」はどういった一曲になったと思いますか?
萩原
「最初の1フレーズでガツンと想いを届けられる曲になったと思います。そのフレーズに一番時間を割きましたが、そこができたらあとは一気に全体が仕上がりましたね。聴いてくれる人の背中を押してあげられる曲を作りたかったので、疾走感と勢いを大事にして、それに合わせた言葉を歌詞に乗せました。」
──「メリーゴーランド」は悶々とした想いを描いた、エッジーな部分も持ち合わせた楽曲で。
萩原
「これは自分の機嫌が良くない時にできた曲ってこともありまして、自分の中のディープな部分が出ちゃったのかなと…。サビの《逃げ出したくて逃げられなくて》とかはそのまんま、その時の心境ですね。全部嫌になったけどやるしかなくて、嫌々やってたって感じです。誰にでもある時期ですね(笑)。」
タクオ
「でも、演奏してる時はすごく楽しいです! 全体的に気に入っているんですけど、特にサビのベースフレーズは弾いていてすごく気持ち良くて好きなんです。」
──「明日へ」は過去に限定配布された特典音源ですが、今作にも収録した経緯は?
ミトミ
「この曲はお客さんの反応がすごくいい曲なんですが、音源の配布自体は終了してしまったので新たに再録してCDに入れることにしました。“明日”=“次”へつながるようにと思ってCDの最後の曲に持ってきました。」
──今作で挑戦したことを教えてください。
ミトミ
「ドラムは叩いたことのないフレーズや、あまり経験のないヴォーカルに近いコーラスに挑戦しました。「ねぇ。」や「メリーゴーランド」のような速いテンポの曲は今までそんなになかったので、慣れるまで苦労しました。「ヴェール」は久しぶりのバラードということで、いろんなウェディングソングを聴いて参考にしてこのフレーズを作りました。」
タクオ
「引っ越してきた初めての土地で、初めてのバンドの初めてのレコーディング…全てが初めて尽くしの挑戦でしたね。しかも、物件探しとバイト探しが結構大変で! 何カ所も住みたい物件を取り逃したりで、やっとの思いで決まりましたから…(笑)。レコーディングでは経験不足と技量不足を痛感しましたね。でも、これまで以上に“もっとやってやろう”という気持ちが出てきました。」
萩原
「自分の中で持っているものを100パーセント出し切ったつもりだったんですが、作り終えてみると新たにやりたいことや挑戦したいことなどがどんどん出てきて。今作を作り上げたことで、伝えたいことや聴いてもらいたいことがもっともっと増えたし…“次はこういうことをやりたい!”とか。だから、今回の音源ができてすぐに次の音源の曲作りにも取り掛かってるんですよ。」
──今作に“この日々を愛おしく”と名付けた思いについて教えてください。
ミトミ
「ミニアルバムのタイトルは「ヴェール」の歌詞中にあるフレーズから思い付いたんですが、このCDを聴いてくれた人の日々が少しでも温かくなるよう手助けできるようにと付けました。」
──初の全国流通盤ということで現在の集大成的な部分もあると思うのですが、出来上がってみてどのような一枚になりましたか?
萩原
「歌詞もメロディーも全身全霊で作り上げたので、本当にいいミニアルバムができたと思います。捨て曲がないというか、自分たちの中で納得いく曲が作れたし、これが世に出ていくのが楽しみですね。“これがマチカドラマだよ”って誰にでも胸を張って推せる、マチカドラマの良い部分も悪い部分も全て詰め込んだ一枚。弱いところや強いところが歌詞やメロディー、演奏にしっかり出てるというか。…演奏は単純にまだまだ下手なだけかもしれませんが(笑)。」
──リリース後には年明けから全国30カ所を超えるツアーの開催が決定していますが、どういったライヴが期待できそうでしょうか?
ミトミ
「全国30カ所で待っててくれるご当地グルメと(笑)、お客さんに会いに行くのが本当に楽しみです! 好みのジャンルが違う人やライヴハウスに初めて来た人にも耳を傾けてほしいし、好きになってほしいので、SNSではMVやトレイラーを広めたり、ライヴのMCでは自分だけ過剰な自己紹介コーナーを設けて、ライヴ後に話しかけやすいネタや雰囲気を作ってみたりしているんです。ライヴを観てくれたお客さんが友達や家族に紹介して広めてくれてるのが一番のパワーですね!」
タクオ
「初の全国ツアーなので、一本一本成長できるよう頑張ってきたいと思います!」
萩原
「自分たちがやってきたこと、これから変わっていく姿をこの30本以上のツアーを通して全国の人たちに観せていきたいと思っています。そして、たくさんの人に自分たちの曲と想いが届けられるようなライヴをしていきたいです!」
取材:高良美咲
アルバム『この日々を愛おしく』
2017年12月20日発売

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。