体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Garmin、心拍計センサーとタッチスクリーンを備えたアナログ時計風スマートウォッチ「vivomove HR」を国内発売

Garmin の日本法人は 12 月 20 日、光学式の心拍計センサーとタッチスクリーンを備えたアナログ時計風のスマートウォッチ「vivomove HR」を国内で 12 月 27 日に発売すると発表しました。昨年も国内ではこれと似た「vivomoveJ HR」が発売されましたが、それはスクエア型盤面を採用しており、今回の「vivomove HR」は腕時計で伝統的なサークル型盤面を採用した製品になります。しかも合計 4 タイプから選べます。価格は、Sport タイプが 22,963 円 + 税で、Premium タイプが 32,223 円 + 税です。アナログ腕時計のデザインなので、普段使いの腕時計として使用することやトレーニングの時にはスポーツウォッチとしても使える 1 台 2 役の便利なアイテムです。アクティビティトラッカーとしては、歩数、消費カロリー、睡眠時間を記録し、トレーニング時には心拍数を計測することもできます。Garmin はスポーツウォッチの経験が豊かで vivomove HR では、最大酸素摂取量(VO2max)やフィットネスレベルを表示したり、心拍の変動からストレスレベルをモニタリングして日々のストレスレベルを表示する機能も搭載しています。また、スマートフォンと連携して、スマートフォンで受けた通知や着信を知らせることもできます。もちろん、Garmin Connect や MoveIQ にも対応しています。Source : Garmin

■関連記事
Snapdragon 845版Galaxy S9+のGeekBenchスコアがGalaxy S8を大きく上回る
Google、Chromeでの広告ブロックを来年2月15日より開始
Samsung、Android Oreoでスクリーンショットの命名規則を改良、アプリ名を付加して検索フレンドリーに

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。