体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トップ10入りした米国出身者はたった1人!?映画データベースIMDbが、今年最も人気があったスターのランキングを発表

トップ10入りした米国出身者はたった1人!?映画データベースIMDbが、今年最も人気があったスターのランキングを発表

今後演技の世界で名を馳せようと思う人は、何もハリウッド出身である必要はないようだ。むしろ、米国人でない方が成功するかもしれない。

映画データベースIMDbが今年最も人気があった映画・TVスターのランキングを発表した。このランキングは、同サイトのSTARmeterで常にランキング入りした有名人から選出されたものだ。そして今年選ばれた10人のうち、米国出身はなんとアレクサンドラ・ダダリオの1人しかいなかった。

ランキングは女性が10人のうち7人と多数を占めている。『ワンダーウーマン』に主演したイスラエル出身のガル・ギャドットが1位に選ばれたのは納得だ。そしてそれ以外もキューバや英国、アルジェリアなど世界各国の俳優で占められている。

意外にもランキング入りしなかった俳優もいる。例えば、ティモシー・シャラメ(フランス風の名前だが彼は米国人である)はアカデミー賞の有力候補とされる2作品に出演しているので、彼のSTARmeterは確実に上昇しているはずだが、惜しくもトップ10入りは果たせなかった。

また、『レディバード』でアカデミー賞主演女優賞候補に挙がっているアイルランド出身のシアーシャ・ローナンもランキング入りしなかった。女性で、しかもアメリカ人以外だというのになぜだろうか。おそらく、彼女は2年前にも『ブルックリン』でアカデミー賞主演女優賞候補に挙がっているので、今回のランキングで急上昇することがなかったのだろう。ランキングは以下の通りだ。

IMDB、2017年のトップスター

1位 ガル・ギャドット
2位 トム・ハーディ
3位 エミリア・クラーク
4位 アレクサンドラ・ダダリオ
5位 ビル・スカルスガルド
6位 ポム・クレメンティエフ
7位 アナ・デ・アルマス
8位 ダン・スティーヴンス
9位 ソフィア・ブテラ
10位 キャサリン・ラングフォード

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『新スター・トレック』出演者が、宇宙艦隊の制服姿で『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を鑑賞!?
年の差は何と31歳!サラ・ポールソン、大御所女優ホーランド・テイラーとの「型にはまらない」恋愛関係について口を開く
スタローン、『クリード』続編の監督を若手に譲る
トーニャ・ハーディング、自身の伝記映画『I, Tonya』を観て「満足」
子供を連れて飛行機に乗ったジョージ・クルーニー夫妻のセレブな対応とは?

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。